地域密着

Published by i

IMG_3111

 

地域密着サービスの良さは、

「土地勘」を活かせる事もあります。

 

散歩で外出すると、

「ここをもう少しあっちに行って・・」

「タバコ屋の角を曲がったところの長屋に・・」

「前の道は少し広くて・・」

と、以前住まれていた住まいの情報をリアルに

語っていただけました。

 

ホームの中では語られる機会がなかなかない、

本人の記憶や暮らしの情報です。

新たな本人の有する能力の発見にドキドキします。

 

脳の中に眠っている視覚的な情報を引き出すきっかけは

「見慣れた風景」なんでしょうね。

そんな場面を引き出せる地域密着サービスの

特性を活用していきたいと思います。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

2022年05月28日 Category:スタッフ日誌

グループホーム

Published by i

フロア会議にて、グループホームの仕事について

再確認、共有しました。

 

事業の正式名称は「認知症対応型共同生活介護」

この名称に私たちの仕事の目的が示されています。

「認知症」という状態の方に、

「対応」できる職員や環境があり、

「共同生活」を送って頂けるように

「介護(私たちの仕事)」をくっつけています。

 

私たちが、認知症という状態の方々にくっつき、仕事をする事で、

関係性を調整し、自分の事が自分でできるといった「共同生活」

が営めるように仕事をしないとですね☆

そのためにも、「認知症」が何なのか知り続け、

個々人の事も知っていかねばですね。

認知症や個人の事を知っていかねば、

認知症「非」対応型になってしまいますので。

IMG_0601

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井真治

 

2022年05月22日 Category:スタッフ日誌

生活の取戻し

Published by i

IMG_2064

 

IMG_2101

 

IMG_2817

 

IMG_2056

 

IMG_2807

 

IMG_2824

 

IMG_2099

 

IMG_2839

 

不本意ながら脳や体の不具合により、

自分の力だけでは「生活」を営む事が難しくなられた方々。

僕等がくっつき応援する事で、「生活」の取戻しを目指しています。

一緒に頑張りましょう☆

 

滝子通一丁目福祉施設  施設長 井 真治

2022年05月16日 Category:スタッフ日誌

やる気スイッチ

Published by i

IMG_2426

別の方に、玉ねぎカットお願いしたものを

自分の方へ引き寄せ、カットし始めたIさん。

 

作業に関してはとんちんかんな事が多く、

普段は調理や洗濯たたみなど、

ほとんどされる事はありません。

 

一応、セッティングしますが、

できずじまいで、

職員で代行する事がほとんどです。

 

でも写真のとおり、

自分の判断と意思と能力の発揮により

たまねぎカットをやりきりました。

 

人の可能性は決めつけてはいけませんね。

なかなかスイッチが入らなかったり、

やりきる事が難しい事もたくさんありますが、

このような、ふとした瞬間の心身の動きを

大切にしていきたいです☆

IMG_2428

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_2501

IMG_2506

今年は梅雨入りが早いとか。

いい天気の時に活動量をUPしていきたいですね☆

 

 

2022年05月09日 Category:スタッフ日誌

ストーカーケア

Published by i

IMG_2462

久しぶりの小規模多機能での勤務時の事。

現在連泊中の利用者さんが夕食後に

「ちょっと近所の友達のところへ行ってくる」

との事で一人で外へ出られました。

 

迷子や転倒のリスクは少ない方だとはいえ、

要介護の状態にはある方なので、

さすがに一人では・・

と思い、久しぶりの「ストーカーケア」を実施しました。

 

同じような路地を3ケ所、4ケ所、

時々表札を確認しながら、友人宅を探されていました。

なかなか目的地へたどり着けないようです。

 

15分くらい歩いたところで、

引き返し始めたのですが、そこで

見た風景に見覚えがあったようです。

表札を確認すると、玄関からそこの住民に

声をかけられました。

 

IMG_2492

「〇〇って明日ある?」

「10時半に始まるんなら、

10時15分くらいに来るわ」

そんな会話を、家の横から盗み聞きさせて頂きました。

 

そのあと、宿泊中の施設方面へと戻り始めたので、

自分も別ルートで先に戻り、

フロアへ申し送りました。

 

ストーカーケアにて得た情報からは、

交友関係、方向感覚や歩行能力、

過去の情報の引き出しや、

翌朝までの記憶保持能力等様々な情報が

得られました。

 

ただ、やはり、

後ろからついていったり、

写真を撮ったりと、とても怪しい自分。

時々通過する近隣住民の人には、

どう見えてたのでしょうか?

 

まっ、そこは仕事と割り切ってやるしかないですね。

「ストーカーケア」

の認知が地域住民の方々にも広まりますように。

 

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

翌日、小規模の主任より、

「言い忘れていましたが、GPSシューズを

活用し始めているので、一人で出てもらっても

大丈夫ですよ」

・・・って、早くゆってよ!

いや、情報収集していない自分がいけないのか!

とほほ。

ストーカーケア VS ハイテク の勃発ですな☆

 

 

2022年05月03日 Category:スタッフ日誌