小規模多機能の強み☆

Published by i

IMG_8640

自宅での転倒が続き、一時的に宿泊サービスを利用しつつ、

体調管理と能力確認、リスクの把握を進めてきましたが、

最近、調子が少し上向き加減の利用者さん。

リスク回避の段取りをしつつ、少し自宅へ戻る準備に入らねば

といった状況です。

現状であれば、週の半分自宅、半分宿泊サービスで

いけそうな感じになってきました♪

 

自宅に戻るためのアプローチができるって、

小規模多機能の宿泊サービスって便利☆

 

変わって、膝を痛めたり、体調に変調をきたして、

一時的に宿泊サービスを利用しながら、

リスクの軽減と調子や能力の把握の必要性がある方が

でてきました。

 

どちらも認知症という状態にある独居の方々。

ところが前者の方は宿泊にすぐ順応されるというよりも、

そのまま自宅を忘れて、ここが自宅になってしまいそうな

勢いがある方。

後者はいつもと違う環境にパニック気味。

大混乱で落ち着かず行ったり来たり。。。

 

色々な状況や状態で、臨機応変に宿泊サービスを利用

されますが、通いサービスや宿泊サービスで整え、

リスク把握・予測し、自宅暮らしの継続に向け、

この宿泊機能を活用していけるのは、この事業の強み。

 

もちろん、体調を整えるために、病院受診の付き添いだって、

こなしてしまう訪問サービスだってあります。

 

この「通い」「訪問」「泊り」を

臨機応変に組み込み、活用しながら、

自宅の暮らしを応援し続けていきたいと思います☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

 

2019年02月14日 Category:スタッフ日誌

忘れちゃいけない・・

Published by i

IMG_8301

トイレ介助中の貴重な隙間☆

 

他人がトイレで用をたしている最中に一緒にいるもなんて、

基本的にないのが、自立した後の私たちの常識ですよね。

 

それが、医療や介護が必要な状態になると、

不本意ながら起こることがあります。

私たち介護職はそれをする側なので、

人の人権、尊厳に関わる部分に立ち会っている

という自覚、配慮が必要となります。

 

認知症の状態が進んでいる方の介助の場面の事ですが、

写真のようなすみっこに気配を消して立ち(本人の斜め後ろ)、

排泄行為の場面に他人がいないような場面作り

を心がけていたりします。

 

目の前に人がいては、なかなか出せないのでは?

という当たり前の感覚を忘れないようにしたいものです。

 

さりげなく

迅速に

空気のような存在で。

でも、大切な排泄状況、情報をキャッチしつつ、

ご本人さんの安全と尊厳をなるべく護れるように。。

 

なかなかむつかしいですし、

理想通りにはいかないものですが。

忘れちゃいけない、特殊な環境での関わりを

工夫し続けていきたいと思います。

 

light[1]

最近の中が光る便器っていいですよね。

最中も後も確認しやすいですし。

衛生面、掃除の難易度にもよりますが、

数千円で着けれるのは魅力的です☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

IMG_8307

昼寝のシンクロ♪

2019年02月10日 Category:スタッフ日誌

新たな出会い

Published by i

IMG_8412

昔からのいきつけの居酒屋に通うAさん

 

認知症初期集中支援チームが担当した方の

今後の生活支援を依頼されました。

ようやく初回の認定調査が入ったばかりの方ですが、

「よくここまで介護なしでやってきたなぁ」

といった感想です。

 

関わり出してまだ日が浅いのですが、

現在サービス開始に向け、土台準備を進めています。

 

まずはインフォーマルな部分をある程度整えました。

支援者・協力者との連携

自治会や隣近所との関係

地域の店舗(コンビニ・飲食店)との連携

生活環境(自宅内)の整え

 

今後は医療、介護との連携を構築し、

体調を整えながら、生活の組み立て直しをしていきます。

 

といったものの、課題は山積み。。。

 

でも、いきつけの居酒屋へ生き続ける事を

支えることができたらいいなぁと思っています。

 

こっから先は、チーム全体での仕事。

さぁ クラブ滝子 いきますか!

 

応援を必要としている方のために。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

2019年02月06日 Category:スタッフ日誌

み・まも~る

Published by i

IMG_8074

IMG_8075

こんな広告が入っていました。

 

新聞を定期購読している方向けの無料サービスで、

新聞が取り込まれていない場合など、「どうしたんだろ?」

といった場合に、緊急連絡先へ連絡してくれるというものです。

 

近隣住民や介護関係者などが、新聞の取り込まれ具合を

安否確認の材料として目安にする事はありますが、

新聞屋自身が、そこに着目して気にかけてもらえるというのは

ありがたい事です。

 

社会全体で超高齢社会を支える仕組みはどんどん広がっています。

ただ、心配な方は朝刊夕刊をとらないと、

おや?となるまで24時間以上48時間未満と、

結構時間が過ぎてしまう事になりますので、

本当に心配といいますか、気にしたい方は

朝夕新聞をとった方がいいのかもしれませんね。

 

新聞、ごみ出し、部屋の電気の付き具合等々、

不具合が起こっている場合に、他の方が気づける

サインみたいなものを上手に意識活用した安否確認システムは、

今後も大切にしたいですし、広がりをみせる事でしょう。

 

社会が「対応」できる幅を広げてもらえるのはありがたい事です。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

あ、新聞屋といえば、入院や施設宿泊の際に

連絡し忘れて、心配をかけさせてしまう事は何回かありました。汗

介護事業所との連携も大切ですよね。

2019年02月02日 Category:スタッフ日誌

感謝感激 還元祭☆

Published by i

日曜日、8回目のオレンジカフェを実施させて頂きました☆

2ケ月に1回 近所の喫茶店「ジェネレーション」の定休日に、

2時間程臨時開店して頂き、カフェの企画運営を波の女がしています。

ドリンクの提供はマスターが作ってくれるおいしいドリンク達です。

 

毎回、前半ミニ勉強会 後半カフェタイム

後半のカフェのウェイター役は、グループホームの入居者さんが

行っています。

 

喫茶店のマスター始め、近隣の住民や関係者の方々のおかげで

毎回有意義な機会となっています。

心より感謝致します。

 

今回はその感謝の意を地域の方々に還元すべく、

カフェタイムで「ドリンク」だけではなく、

昼食の時間帯に絡ませ「軽食」を提供させて頂きました。

 

前半のミニ勉強会は、前回のブログで紹介させていただいた

中村氏に「転倒予防」のとても分かりやすく、

ためになる話を頂戴しました。

IMG_8122

 

IMG_8140

話の後は、個別レクチャーもたくさんして頂きました。

 

IMG_8126

前回に続き、ありがとうございました♪

地域の皆様のお役にたてて良かったです。

 

後半のランチョンタイムも大盛況~☆

ピラフ、ハンバーグ、サラダ、パスタ、フルーツ、たこ焼き

等々 なんとなんと食べ放題! ドリンクも飲み放題☆

IMG_8129

 

IMG_8141

みなさんに満足して頂けたと思います☆

 

とにかく、このオレンジカフェ・ジェネがあるのも、

滝子通一丁目福祉施設、雁道二丁目福祉施設があるのも、

地域の皆様、関係者の皆様あっての事です。

 

感謝感激を少しでも還元したかった今回の機会。

今後ともよろしくお願い致します!

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

2019年01月29日 Category:スタッフ日誌

レクチャー

Published by i

本日は、東京からPT中村和人氏をお迎えし、

「現場実践研修」を開催させて頂きました。

 

日頃の介護の中で、あれこれ考えアプローチしていますが、

やはり専門職(理学療法士)の見立てとアプローチを聞いて、

日頃の介護に活かしていくことが利用者入居者のためでもあり、

私たち介護職員のスキルアップにもつながるのでとても大切な時間です。

 

各フロアをまわり、利用者・入居者の状態に合わせた、

介助方法をレクチャーしてもらいました。

IMG_8092

1F

 

IMG_8108

2F

 

IMG_8103

3F

鈴木さん。久しぶりに結構歩きましたね☆

 

今後も、いろいろな専門職の方々の力をお借りしながら、

介護の質を高めていきたいと思います。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

あっ

夜には座学の研修も行って頂けました。

ありがとうございます☆

IMG_8109

2019年01月26日 Category:スタッフ日誌

見えないところも

Published by i

IMG_7905

写真は時々行っている夜間の環境設定です。

手前にベッドがあり、トイレまで伝い歩きできるように椅子を並べています。

見えませんが、トイレの中にも置いてあります。

 

体調がよくなく転倒のリスクが高い時等に、

クラブ宿泊する独居の利用者さんがみえるのですが、

できる限り応援しないでトイレまで行き来できるようにしています。

 

そもそも体調や歩行の状態がよくなく、宿泊しているので

なかなか立ちあがれなさそうな時

ふらつきがある時等

さっと、立ちあがりや手引き等、手を差し伸べたいところですが、

自宅に帰ると手助けしてくれる人はいません。

 

施設なれ

職員なれ

支援なれ

 

してしまうと、自宅に帰った時の体の動きが悪くなり、

転倒のリスクをあげてしまう事になるかもしれません。

 

「自分の力でトイレに行けるように」

 

見えない、手の届かない、

独居の夜間の動きの見極めと、能力の維持をサポートするために、

時間がかかっても見守っています。

 

もちろんこの環境でも転倒する可能性はあるので、

後ろを分からないようにそっとついて

いざという時に備えます。

 

目のまえの事だけに仕事をするのではなく、

見えないところや先の事も考えて

アプローチする。

 

自宅の暮らしを支えるって

あれこれ予測したり、考える範囲が広いですよね。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2019年01月22日 Category:スタッフ日誌

これって虐待? (後)

Published by i

食器を必ず全員が洗う。

 

と言うのも良く考えれば、おかしな話です。

ここは、学校ではなく、デイサービスです。

こっそり、迎えの方の席に食器を置いて、洗ってもらう。

これは、長年、生きてみえた生きる知恵ですよね。

 

これによって、今まで仲良くなかった方との関係性が出来るのかもしれないです。

良い事があったから、皆の洗ってあげたい!

と言うハッピーな気持ちもわかりますし、

男性の方は調理を、女性が頑張ってくれたから、片付けは任せて。

その、「してあげたい」という相手を思う気持ちを

受け止めてもいいんじゃないかと思います(体調をみながら)。

 

介護職なので、利用者さんに、「もう一つ体を動かして欲しい。」とか、

「自分の事は自分で。」

とそこばかり突き詰めてしまい、体を動かしたり、頭を使ったりする事が良いこと。

と勝手に思い込んでしまう。

 

その方がご自宅で生活するために

何をお手伝いしたらいいかを見失っている事から、

1人1人のご利用者さんに寄り添うことなく、ただただ、

いつもの仕事で、利用者さんに活動してもらう事ばかり考えていては、

関係を作る事ができず、命令になってしまいます。

 

どんなに優しい声をかけても関係が出来ていなくては

一方通行になってしまいます。

「洗いたくない」気持ちを汲み取り、でも、自分で食べた分だしね。

洗い場に下膳するだけでもどうかしら。

ちょっと、今日は、疲れてるんですよね。

半分お手伝いしますよと言う気持ちを込めて、

「洗いませんか」と話しかけていきたいです。

 

職員も、一人の人であり、感情があり、悲しい日もあれば、疲れている日もあり。

いつでも、どんな時でも、冷静にご利用者さんと向き合えるように、小さな悩みがあっても

こうして職員同士で悩みが話せる事が解決していく一番のコツだと思います。

 

「これって虐待?」と他の職員さんに話すことは、とても勇気がいることです。

 

それを、口に出す事ができた勇気ある職員さんと一緒に働き、

私も一緒に考えることができたことに感謝しています。

 

 

クラブ雁道 デイサービス

日置 紀子

 

1

こちらのご利用者さん

「男が台所に立つものではない!」

と言われてみえた方。

 

女性の利用者さん、聞こえていたのかいないのか

「はいはーい。着て着て。」と何事もなくに割ぽう着を手渡され。

周りのご利用者さんの波に乗り、割ぽう着に袖を通すと職員が入る間もなく、

すかさず背中のリボンを結んで下さる。

 

男性も怒る事もなく、着せてくれたことに

「ありがとう。」とお礼を言われました。

 

この時、服が汚れるから来ませんか。

と言う相手を思いやる気持ちが見えるような優しい「着て着て。」だったのです。

2

割ぽう着効果からか、この日は盛り付けもして下さいました。

 

  3

インフルエンザ対策。

空気の入れ替えと清潔もお忘れなく。

サッシの隅まできれいにね。

2019年01月19日 Category:スタッフ日誌

これって虐待?(前)

Published by i

先日、これって虐待になりますか。

と話してくれた職員さんがいました。

 

「やらせる。」「させる。」ではなく「しかける。」「そそる。」が仕事。

それは、分かっている。

声を掛けただけでは、皆さん動いてくれないし、分かって下さらないことも。

 

とても難しい問題です。

 

職員さんの年齢によっても関係性が違います。

調理中、20代の男性職員さんだと、ご利用者さんは面倒を見てあげたくなります。

「いい?見てらっしゃい。教えてあげるからね~。」となりますが、

30代の女性職員さんだと「あーんた、そんなことも知らんのかね!」となります。

 

職員さんの体格や、しゃべり方、声の大きさ、普段の動き、関係性。

イメージもあるので同じことを、違う職員さんがしても利用者さんの受け止め方は違います。

 

一職員さんと利用者さんの関係であって、一概にこうしたら上手くいくよ。

と言う答えはないのですが、一番の近道は、その方を良く知る事だと思います。

その上で、どのように声を掛けようか。

と考えていくしかないと思います。

 

クラブ雁道では、デイに到着され、今日のお昼のメニューを決めます。

ご利用の最初の頃は、皆さん新鮮で、「牛肉!」「ブリ!」と元気よく意見が出るのですが。

毎度になると、面倒くさい(笑)。

 

「なんでもいいわ。口に入るなら。」「あんたが考えて。」などなど言われています。

「食べたい物?そんな事聞くなら、もういらない!食べない!」と言われる時も。

 

メニューが決まると買い物へ。

「寒いし、面倒だわ~。」「歩きたないわ~。」と。

 

買い物に出掛けてしまえば、「あ!これ食べたい。」

「これ大好きなの。」と皆さん楽しそうなんです。

 

さて、調理に入ります。

「面倒くさ~い。」と言う方。言葉はなくとも、

なかなか参加されない方。

 

食後、片付けに。

サッと席を立ち自分の食べた物を洗い出す方。

「面倒だな。」となかなか席を立てない方。

眠る方。

 

迎えの席の方が食器を洗いに席を立つと、すーっと静かに

自分の食べた食器を迎えのテーブルに置く方も見えます。

洗っていた方が洗い終わって席に戻ると、まだ洗ってない食器があります。

その時の関係性は色々あります。

「あれ?全部下げたと思ったけど、まだあったなあ。」

と笑いながら洗ってくれる方。

「よしよし、一緒に洗っとくわ。」と言われる方。

 

「え?ちょっと。コレ誰の!私、洗ったよ!。」と怒る方。

「ごめんね~。そこに1回置かせてもらっただけ。今から洗うとこ~。」

なんてステキな笑顔でそしらぬ顔で返しをする方。

 

最初から「さあ、洗うよ~。持ってきてね。」と全員の食器を洗って下さる方。

そうなると意外と他の方も「あんた一人にいかんわ。代わるわ。」となったり。

曜日によってメンバーが違い、いつもなら、なかなか洗えない方も、

このメンバーだとさっさと立ち上がり、洗える。

後は、体調だったり、睡眠だったり。

昨日何か良い事があった。と朝から、うきうきワクワクしているなども影響しています。

 

ご利用者さんの「面倒くさい。」本当にわかります。

なぜなら私も家に帰って面倒くさい事でいっぱいです。

かと言って職員さんが「そうよね。」として差し上げていては、デイサービスではない。

となると、何とかして、できる事は自分の事が自分でできるように支援させて頂くのが、私たちの仕事。

 

そんな時、いつもならやれる方が、「面倒だから」と言われたり、「やらない。」

と言われたら。職員はどうしたらいいんだろう。

他の利用者さんは、買い物に行く。調理する。食器を洗う。

と動いているのに、この人だけ動かなくていいの?

動けない方じゃなくて、体力、体調もできる方なのに。

 

と思うとここで、職員さんの悩みが発生します。

 

職員さん「ご自分が食べた後の食器を洗いませんか。」と声を掛けます。

 私の声掛け、「させる」に当たりますよね。

 

まずは、何でこの方、今日は洗いたくなかったのでしょう。

朝からの様子を振り返ってみましょう。

血圧や、体温などは良くても、昨夜、眠れていないかもしれない。

どこか痛いところがあるのかもしれない。

ご自宅で何かあったのかもしれない。

分からない事が増えたのかもしれない。

 

他の利用者さんや職員さんと、朝からこの方は関係性が出来ていなくて、

ご自分でも何だかよくわからないけど、つまらなかったり、

イライラしているのかもしれない。

 

朝から、そこに気が付き職員さんが、手立てを打っていたかどうか。

もしかしたら、どの職員さんもこの方と必要な事以外接する事もなく、

様子に気が付いていないとか。

 

そうであれば、この方に「洗いませんか。」

と正すことを言う前に職員さんがちゃんと仕事をしているのか

考えを正さなくてはいけないですね。

 

声の掛け方。声の大きさ。早口ではないか。表情は。

笑顔で言うのか、強く言うのか、目を合わせるのか、他の方も巻き込むのか。

「洗いませんか。」たった一言の声掛けですが、それによって

「洗わされている。」

と虐待になってしまう事もあると思います。

 

次回へ続く・・

クラブ雁道 デイサービス 日置 紀子

 

インフルエンザが流行りっています。

私事ですが、なぜか2年続けて受験生の息子がおり、とにかく体調管理。

今は大学生の為、満員電車で通うので、マスク。手洗い、うがい。

そして、十分な栄養と運動と睡眠。

試験だから。ではなく、これから社会人となり、

「仕事をする。」と言う事はどんな職業であっても、「体調管理」は大切です。

受験生を持つ家庭でなくても、普段からこれを意識して続けていかなくてはいけないですね。

2019年01月15日 Category:スタッフ日誌

「説得」よりも「納得」

Published by i

夕食途中で席を立たれ、お手洗いに行かれた方がみえました。

途中というのは、ごはんだけ食べての状態です。

 

認知症という状態にあるAさん。

当然席にもどった時に、

「なんでごはんだけないの?」

となりました。

IMG_7740

 

そこで一応伝えてみます。

「席を立たれる前に食べられていましたよ」

 

「そんな事はないよ」と、ごもっともの返事。

ごはんがないと食事が始まらない様子で、

食事が止まったままでした。

 

「ごはん、もってきますので、先におかずから食べててください」

とお伝えするも、箸を持たれようともしません。

 

空のごはん茶碗があるからなのかと、

ごはんをよそってきますと言いながら、ごはん茶碗だけ下げてみます。

IMG_7741

「先におかず食べててくださいね」

「今日のおかずは・・・○×△で、□□□」

等々、環境を変え、話をしながら

「ご飯待ち」の状態自体を、

すっぽり記憶障害という力を借りて

なんとかごはん以外のおかずを食べないかとアプローチするも・・

箸は進まず。

 

「ご飯待ち」を忘れてくれればと思いましたが、

これは記憶障害うんぬんよりも、習慣やこだわり、順番的な感覚が

しっかりあるのでしょう。

 

何をしても、箸はすすみませんでした。とほほ

 

最後は2杯目のご飯を出してみることに・・

IMG_7742

「いただきます」

あっさり食べ始められました。

 

体重増加や糖尿病や其の他いろいろな理由により、

いつでもだれでも2杯目の提供は簡単にはできない場合もありますが、

出すだけでこれほど、あっさり解決するとは。

 

「説得」は難しいですね

「納得」のできる対応が大切です。

 

忘れてほしい事に限り、忘れてもらえないのは、

記憶障害の難しさであります。

ご本人さん視点で考えると、自分を守り、行き抜くために

必要な力なのでしょう。

 

工夫していきたいと思います~

 

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

2019年01月11日 Category:スタッフ日誌