これって虐待?(前)

Published by i

先日、これって虐待になりますか。

と話してくれた職員さんがいました。

 

「やらせる。」「させる。」ではなく「しかける。」「そそる。」が仕事。

それは、分かっている。

声を掛けただけでは、皆さん動いてくれないし、分かって下さらないことも。

 

とても難しい問題です。

 

職員さんの年齢によっても関係性が違います。

調理中、20代の男性職員さんだと、ご利用者さんは面倒を見てあげたくなります。

「いい?見てらっしゃい。教えてあげるからね~。」となりますが、

30代の女性職員さんだと「あーんた、そんなことも知らんのかね!」となります。

 

職員さんの体格や、しゃべり方、声の大きさ、普段の動き、関係性。

イメージもあるので同じことを、違う職員さんがしても利用者さんの受け止め方は違います。

 

一職員さんと利用者さんの関係であって、一概にこうしたら上手くいくよ。

と言う答えはないのですが、一番の近道は、その方を良く知る事だと思います。

その上で、どのように声を掛けようか。

と考えていくしかないと思います。

 

クラブ雁道では、デイに到着され、今日のお昼のメニューを決めます。

ご利用の最初の頃は、皆さん新鮮で、「牛肉!」「ブリ!」と元気よく意見が出るのですが。

毎度になると、面倒くさい(笑)。

 

「なんでもいいわ。口に入るなら。」「あんたが考えて。」などなど言われています。

「食べたい物?そんな事聞くなら、もういらない!食べない!」と言われる時も。

 

メニューが決まると買い物へ。

「寒いし、面倒だわ~。」「歩きたないわ~。」と。

 

買い物に出掛けてしまえば、「あ!これ食べたい。」

「これ大好きなの。」と皆さん楽しそうなんです。

 

さて、調理に入ります。

「面倒くさ~い。」と言う方。言葉はなくとも、

なかなか参加されない方。

 

食後、片付けに。

サッと席を立ち自分の食べた物を洗い出す方。

「面倒だな。」となかなか席を立てない方。

眠る方。

 

迎えの席の方が食器を洗いに席を立つと、すーっと静かに

自分の食べた食器を迎えのテーブルに置く方も見えます。

洗っていた方が洗い終わって席に戻ると、まだ洗ってない食器があります。

その時の関係性は色々あります。

「あれ?全部下げたと思ったけど、まだあったなあ。」

と笑いながら洗ってくれる方。

「よしよし、一緒に洗っとくわ。」と言われる方。

 

「え?ちょっと。コレ誰の!私、洗ったよ!。」と怒る方。

「ごめんね~。そこに1回置かせてもらっただけ。今から洗うとこ~。」

なんてステキな笑顔でそしらぬ顔で返しをする方。

 

最初から「さあ、洗うよ~。持ってきてね。」と全員の食器を洗って下さる方。

そうなると意外と他の方も「あんた一人にいかんわ。代わるわ。」となったり。

曜日によってメンバーが違い、いつもなら、なかなか洗えない方も、

このメンバーだとさっさと立ち上がり、洗える。

後は、体調だったり、睡眠だったり。

昨日何か良い事があった。と朝から、うきうきワクワクしているなども影響しています。

 

ご利用者さんの「面倒くさい。」本当にわかります。

なぜなら私も家に帰って面倒くさい事でいっぱいです。

かと言って職員さんが「そうよね。」として差し上げていては、デイサービスではない。

となると、何とかして、できる事は自分の事が自分でできるように支援させて頂くのが、私たちの仕事。

 

そんな時、いつもならやれる方が、「面倒だから」と言われたり、「やらない。」

と言われたら。職員はどうしたらいいんだろう。

他の利用者さんは、買い物に行く。調理する。食器を洗う。

と動いているのに、この人だけ動かなくていいの?

動けない方じゃなくて、体力、体調もできる方なのに。

 

と思うとここで、職員さんの悩みが発生します。

 

職員さん「ご自分が食べた後の食器を洗いませんか。」と声を掛けます。

 私の声掛け、「させる」に当たりますよね。

 

まずは、何でこの方、今日は洗いたくなかったのでしょう。

朝からの様子を振り返ってみましょう。

血圧や、体温などは良くても、昨夜、眠れていないかもしれない。

どこか痛いところがあるのかもしれない。

ご自宅で何かあったのかもしれない。

分からない事が増えたのかもしれない。

 

他の利用者さんや職員さんと、朝からこの方は関係性が出来ていなくて、

ご自分でも何だかよくわからないけど、つまらなかったり、

イライラしているのかもしれない。

 

朝から、そこに気が付き職員さんが、手立てを打っていたかどうか。

もしかしたら、どの職員さんもこの方と必要な事以外接する事もなく、

様子に気が付いていないとか。

 

そうであれば、この方に「洗いませんか。」

と正すことを言う前に職員さんがちゃんと仕事をしているのか

考えを正さなくてはいけないですね。

 

声の掛け方。声の大きさ。早口ではないか。表情は。

笑顔で言うのか、強く言うのか、目を合わせるのか、他の方も巻き込むのか。

「洗いませんか。」たった一言の声掛けですが、それによって

「洗わされている。」

と虐待になってしまう事もあると思います。

 

次回へ続く・・

クラブ雁道 デイサービス 日置 紀子

 

インフルエンザが流行りっています。

私事ですが、なぜか2年続けて受験生の息子がおり、とにかく体調管理。

今は大学生の為、満員電車で通うので、マスク。手洗い、うがい。

そして、十分な栄養と運動と睡眠。

試験だから。ではなく、これから社会人となり、

「仕事をする。」と言う事はどんな職業であっても、「体調管理」は大切です。

受験生を持つ家庭でなくても、普段からこれを意識して続けていかなくてはいけないですね。

2019年01月15日 Category:スタッフ日誌

「説得」よりも「納得」

Published by i

夕食途中で席を立たれ、お手洗いに行かれた方がみえました。

途中というのは、ごはんだけ食べての状態です。

 

認知症という状態にあるAさん。

当然席にもどった時に、

「なんでごはんだけないの?」

となりました。

IMG_7740

 

そこで一応伝えてみます。

「席を立たれる前に食べられていましたよ」

 

「そんな事はないよ」と、ごもっともの返事。

ごはんがないと食事が始まらない様子で、

食事が止まったままでした。

 

「ごはん、もってきますので、先におかずから食べててください」

とお伝えするも、箸を持たれようともしません。

 

空のごはん茶碗があるからなのかと、

ごはんをよそってきますと言いながら、ごはん茶碗だけ下げてみます。

IMG_7741

「先におかず食べててくださいね」

「今日のおかずは・・・○×△で、□□□」

等々、環境を変え、話をしながら

「ご飯待ち」の状態自体を、

すっぽり記憶障害という力を借りて

なんとかごはん以外のおかずを食べないかとアプローチするも・・

箸は進まず。

 

「ご飯待ち」を忘れてくれればと思いましたが、

これは記憶障害うんぬんよりも、習慣やこだわり、順番的な感覚が

しっかりあるのでしょう。

 

何をしても、箸はすすみませんでした。とほほ

 

最後は2杯目のご飯を出してみることに・・

IMG_7742

「いただきます」

あっさり食べ始められました。

 

体重増加や糖尿病や其の他いろいろな理由により、

いつでもだれでも2杯目の提供は簡単にはできない場合もありますが、

出すだけでこれほど、あっさり解決するとは。

 

「説得」は難しいですね

「納得」のできる対応が大切です。

 

忘れてほしい事に限り、忘れてもらえないのは、

記憶障害の難しさであります。

ご本人さん視点で考えると、自分を守り、行き抜くために

必要な力なのでしょう。

 

工夫していきたいと思います~

 

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

2019年01月11日 Category:スタッフ日誌

「欲しい物を買いに。」

Published by i

ご利用者さんが、お誕生日の日。

その日が祝日だったこともあり、

他の利用者さんも覚えていて下さり、朝からデイはお祝いムード。

 

何かをするたびに

「そう言やあ、あんた、誕生日じゃない?」

お茶を入れれば「おめでとう。」

調理中、野菜を切りながら「おめでとう。」

茶碗洗いながら「おめでとう。」

 

「今日は何の国民のお祝の日と思ってたけど、あんたの祝いかね。」と。

何だかウキウキ、ワクワクしていました。

 

昼食の片づけが終わると、今日の主役さんが仲良しさんと

部屋の隅で何かヒソヒソ。

職員、他の利用者さんとお話ししながらも

こっそり聞き耳を立てます。

「何か、買ってこか。」

「足りんかったら、あんた貸してくれる?」

と言う会話が聞こえてきます。

 

そのままお二人はカバンをごそごそ。

上着も着てみえます。

 

くるりと後ろを振り向き最高の笑顔で

「ちょっと行ってくるでな。」

 

「気を付けて。いってらっしゃい。」

職員、心臓はバクバクとしていますが、

冷静を装い、笑顔で手を振ります。

1

こっそりと、職員が後をつけます。

 

雁道の街並みに良く似合うお二人。

ぽつぽつと会話もされていて、ちょっと立ち止まったり

お顔を寄せたりしながら歩かれていました。

 

何度か、散歩で通った事がある道だからでしょうか。

往復の道のり、戻ったり、振り返ったり、

不安な表情をされることなく目的地へ到着されました。

2

 こちらのお店に到着。

 

入られたところで職員、偶然を装い店内へ。

「今、休憩中で。」

買い物の様子を見て

「お先に失礼しますね。」

と先に店をでました。

 

沢山のおまんじゅうを買ってみえました。

お金の貸し借りもない事も確認できました。

この利用者さん、もともとお買い物がとてもお好きで

ご家族様と以前から打ち合わせをしていました。

 

全て取り上げてしまうと、ストレスがたまってしまう。

お財布に持っている分は、自分で好きに使っていいお金です。

と伺っていましたが、ちょっとこのおまんじゅうの量は心配。

 

買い物から帰られる前に、連絡をもらった職員が

すぐに電話でご家族様と連絡を取ります。

 

話をきいたお嫁様の一言目が素敵でした。

「あらあら、なんていいお誕生日なんでしょう。」

と笑って下さいました。

しつこいようですが、いつもいつもできる事ではなく、

職員の体制や、時間、利用者さんの体調、服装、

靴が合っているか、天候など、全てが整っていないと

出来ない事ではあります。

 

自分のお誕生日に「おめでとう。」

と言ってくれた皆さんにお礼を。

と考え、お友達に声を掛け、お話ししながら町を歩き、

目的のお店に行き、買い物をする。

 

「ただいま。」

と帰って見えたときの

お顔はなんとも言えずステキでした。

 

クラブ雁道 デイサービス

日置 紀子

2019年01月08日 Category:スタッフ日誌

正月の風景

Published by i

いや~ それにしても今年の正月は穏やかでしたね。

スッキリとご来光を拝み、始まった1年です。

IMG_7272

 

IMG_7282

 

昼食はおせち料理の争奪戦!?を行いました。

IMG_7323

 

その後、初詣へでかけました☆

IMG_7334

元旦は結構混んでいて、30分ほど並んでお参り。

 

正月も「ふつうの暮らし」を応援を目指しています~

今年もよい1年にしましょう☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

2019年01月04日 Category:スタッフ日誌

Published by i

IMG_7296

新年 あけましておめでとうございます☆

 

今年は素敵なご来光でした。

施設入居者、利用者さん数名と屋上へあがり、

ご来光を拝みました。

 

目を閉じている方は目を開いたり

手をたたくような仕草をしたりと、

みなさんそれぞれに感じるものが

あったんではないかと推測します。

 

いい年になりますように。

いや、いい年にしましょうね☆

皆さんと一緒に新しい年を

切り開いていきたいと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

 

株式会社波の女

滝子通一丁目福祉施設

雁道二丁目福祉施設

 

2019年01月01日 Category:波の女からのメッセージ

☆感謝☆

Published by i

IMG_7249

おだやかに大晦日を迎えている滝子通一丁目福祉施設です★

(昼現在ですが・・汗)

 

今年1年、ありがとうございました。

利用者、入居者さん達

ご家族

近隣の方々

関係者のみなさん

行政

職員さんとそれを支えるご家族

等々

いろんな繋がりに支えられ、助けられ、

今日を迎えることができました。

心より感謝致します。

 

もらった分、届けてもらった分の期待や思い、

なかなか還す事ができていない事もありますが、

来年も少しでも前進めるよう努力していきたいと思います。

 

今年1年本当にお世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。

皆さまにとっても、素敵な1年の始まりになりますように。

 

株式会社 波の女

滝子通一丁目福祉施設

雁道二丁目福祉施設

 

 

 

 

 

 

2018年12月31日 Category:波の女からのメッセージ

「大逆転」のススメ Vol.23

Published by i

【自立・支援・代行・管理】

大逆転の痴呆ケア 和田行男著 中央法規出版 P196~抜粋

 

1・自立

自分のことが自分でできる、他者や周りの環境との関係性も作ることができる状態を「自立」とする。必ずしも完結した状態ではないが「大したことではない」と判断した場合もこれに含んでる。

 

2・支援

自分でできるわけやないけど、職員が代りにやってしまわなあかん状態でもない。

つまり何らかの支援が必要な状態を「支援」にする。

同じ婆さんでも日によって時間によって気分によって天候によって違う。

同じ婆さんに、同じ時間・同じ声かけをしても、声をかけた職員によって響き方はまったく違うこともあり、「支援」は非常にやっかいな状態やな。

 

3・代行

支援をしても婆さん自身ではできないことを、本人に成り代わってだれかがやってあげる必要がある状態を「代行」とする。

「自分でできる」から「支援を要する」状態になり、やがて「代行を要する」状態になるんやけど、痴呆という状態にある人は、最初から「代行されてしまう」ことが多いのが現実やな。

単純な「代行」にならないように「自分の生活行為は自分でする」という当たり前のことを大事にする視点で見極めんと、専門職がかかわったばかりに婆さんたちがダメになったと言われてまうで。

 

4・管理

管理とは、自分の力でできようができまいが、職員側で「管理」してしまわなあかん事柄やな。たとえば薬に関することでいうと、その人自身が内服や薬の管理を自立してできたとしても、共同生活場面ではその人の薬が他者に渡ってしまうことも考えられる。また、内服完了まで見届けなければ、本当に薬を飲んだかどうかを判別することもできひんわけで、こうした事柄は管理せざるを得ない。

 

この「点」は自立やけど、この「点」は支援が必要、あるいは危険が高い「点」は管理しなあかんというように、ひとりひとりの状態に応じて必要な支援策がいるということになるし、逆にいうと必要な支援さえあればいいともいえるわけや。

 

以上

 

私たちは利用者・入居者の有する能力や状態を、生活の中のあらゆる行為や関わりの中で、この4つの視点に分解して見極め、必要なところに必要な関わりをピンポイントでするという事を改めてチーム全体で意識・見直していかねばならないと、今年を振り返って思いました。 チーム力を上げるためにも、この視点を大切にしていきたいものですね。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2018年12月27日 Category:大逆転のススメ

いよいよ

Published by i

だんだん年末が近づいてきましたね。

今年を締めくくるべく、ふだんできないところの掃除を行いました。

外回り、屋上などふだんできないところを中心にとっかかりましたが、

結構なものでしたね。

そうすこし、ふだんからやっとかねばね(汗)

 

また、今年最後の運営推進会議も開催。

運営を推進すべく、報告と意見交換を行いました。

現在、デイサービスと小規模多機能が苦戦中(汗)

がんばらねば~!!

 

クリスマス後は、一気に年末の締めくくりモードになりますよね。

さぁて、しっかり新年に備えるための準備をせねば。

 

みなさんも、体調に留意しながら、年末年始を迎えましょうね。

感染症注意中~!★×〇◇□

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

(PC調子悪く、写真UPができません。

 戻ったら、くっつけておきますね)

 

 

 

2018年12月23日 Category:スタッフ日誌

☆ドライブ☆

Published by i

18日は天気も良かったのと、他の事情が重なって、

急遽ドライブに行くことにしました。

 

山の方も案がでたのですが、人ごみの多いところだったので、

感染症対策で、海の方へ行くことに。

 

IMG_6840

何回も来ていますが毎回新鮮な意見をいただけます♪

「へぇ~ こんなとこはじめて」☆

 

IMG_6855

座敷とテーブルに分かれ、海の幸を頂きます。

IMG_6852

右側はスタッフ宮松です。

希望者は一緒に食べてもらいます♪

 

IMG_6849

 

IMG_6862

 

IMG_6875

 

次の目的地は半田博物館☆

IMG_6882

 

IMG_6888

 

IMG_6901

 

IMG_6890

 

博物館内の喫茶店でお茶して帰りました。

IMG_6915

 

所要時間、5時間半超えの外出。

時々、非日常の機会を作りますが、

この日は、宿泊者の中で胃腸風邪、嘔吐が2名発生したので、

独居通い組が感染するとまずいという事で、

感染対策、避難的な意味の外出でもありました。

 

結果、感染は止まっていますので、

まぁまぁもう一個の目的もクリアですかね。

 

いよいよインフルエンザも周りで発生してきています。

感染症対策をしっかりして、

元気に過ごせるように支援していきたいと思いまーす。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

 

2018年12月19日 Category:スタッフ日誌

永遠のテーマ

Published by i

IMG_6752

「写真ください~」とお願いしても、

ごらんのとおりグダグダの波の女スタッフのみなさん。笑

照れ屋さんがおおい

 

はい。

今年度2回目の虐待・身体拘束防止研修の後の一コマです☆

 

僕等の業界にとっては、最も重要で、永遠のテーマですよね。

どう伝え、どう考えてもらい、どう実践し続けるかがとても大切なのですが、

どうもマンネリ気味になりがちな研修です。

 

今回はちょっと進行を変えてみました(2回目)

出だしは・・

「自分だったらどんな虐待ができる?」

をたくさん書きだしてもらいました。

 

そこでスタッフが

「どんな事が虐待に該当するのか」

の理解を把握する事ができました。

 

後は、どうしたらそれをしないようにし続けれるかを考える時間ですよね。

一番土台にあるのは自分自身が憲法、法律によって守られ生きている事。

「基本的人権の享有」の理解。意識。

それを自分自身で守れなくなっている状態にある利用者、入居者の

人権を僕等がどう支え、応援するか。

その立場にある僕等が、真逆にある虐待・身体拘束をどうとらえるか。

そんな内容を考え、あとは

「自分自身を律するためには何が必要か」

「チームとして、職場の風土はどうあるべきか」

「組織として何ができるか」

 

そんな事を雑談を交えながら皆で考え話し合いました。

 

誰にでもいつでもどこでも起こり得る

虐待、身体拘束

真摯に向かい合っていきたいものですね。

 

滝子通一丁福祉施設 施設長 井 真治

2018年12月15日 Category:スタッフ日誌