素敵な機会☆

Published by i

 沖縄から来てくれている学生さんにも、

期間中に休日があります。

 

せっかく遠くかあら来てくれているので、

「どっか遊びに行こう!」

と外出しました。

 

最初の目的地は・・

「御在所岳」

ロープーウェイで一気に山頂の1200メートル越えを目指します。

IMG_0185

 

IMG_0199

台数限定で床の一部がスケルトンになっていて

下がみえます。

 

IMG_0210

沖縄には500メートルくらいの山しかないし、

歩いて登るしかないので、

こういう経験もいいのではと、相談して決めました☆

 

IMG_0212

山頂の気温は21度

無風で日差しがあったので、

動くと少し暑い感じもありましたが、

ふもとの30度超えと比べると快適でした。

 

IMG_0230

建物の中は空調なくても涼しく過ごしやすい~

景色を眺めながらのランチタイムです。

IMG_0233

山頂付近を散策した後、次の目的地にしたのは・・

 

IMG_0241

三井アウトレット ジャズドリームです。

遊園地、プール、温泉施設に併設されている、

広大なショッピングアーケードです♪

そこで2時間フリーターイムにした後、

施設近辺に戻り、夜の部は、「歓迎会」を実施しました。

自分たちでブラブラと目的の店によったりして、

そこが一番充実していた感がありましたね。

 

行動力あるなぁ~

 IMG_0268

おなじみジェネレーションの延長利用させていただき、

波の女職員との交流を楽しんで?頂きました。

 

次の日から、毎日8時間の現場で頑張ってくれている姿を見ていると、

IMG_0292

親的な視点も少し混じりつつ、

たくましく名古屋で活動する高校生に

若い、素敵なエネルギーをもらいつつ、

職員と利用者との時間が過ぎている日々です☆

 

この国の将来を背負うとまでは大げさですが、

この国の宝となる素敵な学生さん達に出会えて、

とても素敵な機会となっています。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

本日の御在所にアウトレット。

三重県にありまして、名古屋や愛知観光ではないんですけどね・・笑

次のブログUPはお盆の関係で17日を予定しています。

よろしくお願いいたします。

 

 

2018年08月12日 Category:スタッフ日誌

国の宝

Published by i

現在、夏休みを利用して、沖縄の高校生が経験値Upを兼ねて、

アルバイトに来てくれています。

071

 

以前、渉外担当の久綱が「和田行男」の講演会を

沖縄の学生さん向けにセッティングしたのですが、

その和田の話に興味をもった学生さんが、

「波の女」や、和田が所属する東京の「大起エンゼルヘルプ」

の施設へ夏季アルバイトとしてきています。

アルバイトという形ですが、最前線の様子を学ぶ絶好の機会です☆

 

それにしても、 沖縄から名古屋や東京へ出て、

短期とはいえ介護現場で働くなんて、なんてすごい!

素敵な!!高校生達なんでしょう!!!

尊敬します。

 

こんな学生さん達がどんどん増え、

これからのこの国を背負っていく若者になって頂くのが楽しみです。

若い力はこの国の宝でね☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2018年08月08日 Category:スタッフ日誌

僕等の仕事

Published by i

IMG_9353

写真のMさん。

 

食事後の食器なかなか下げて頂けません。

下げれない方に下げて・・というつもりは全くありませんが、

有する能力に応じる私たちの仕事ですから、

ごらんのとおり下げれる能力を引き出したいところです。

それも自発的に。。。

 

ところが実際はなかなか。

食事が終わると、食器を

「スーーーっと、横にずらして置いたままに」

職員に下げといてねというサインです。

 

私は”まかい”や”家政婦”さんではありませんので、

(区別差別的な意味ではありません。仕事の目的内容が違うという意味です)

その無言のサインに応えたくないし、応えてはいけないと思い。

 

スーーっと食器をもとに戻しては

「流し空きましたので、よかったらそちらの方までお下げくださいね」

と関わります。

 

少しするとまた、スーーっと食器を横に出されるので、

こちらも少ししてから、スー-っと食器をもとの位置へ戻し

再び促しの声かけをさせて頂きます。

 

このやりとりを3回5回繰り返すときもあります。

 

これは職員全体で普段から、毎食後のアプローチを続けないと

習慣的にならないのだと思います。

ちょっとした事ですが、なかなか手ごわい感覚です。

 

私たちの仕事は個人ができればいいという仕事ではなく、

チーム全体で、普段から繰り返しアプローチできる事が大切だったりします。

 

このMさんへのケースを活かし、

チームアプローチを進めていきたいと思います☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_9791

名古屋で40度超え!!!!

どこまでいくのやら。

皆様も体調にお気を付けて。

 

 

2018年08月03日 Category:スタッフ日誌

職場環境②

Published by i

前々回の記事で、コミュニケーション環境を整えることがいう大切ですよね。

という内容でしたが、

コミュニケーションというのは、具体的に技術として、

意識・実行できるとより質があがることが期待できるので、

「こんなことを意識してみましょう」という項目をいくつか

会議で確認しました。

 

IMG_9614

IMG_9615

IMG_9616

この

・うなずく

・繰り返す

・その土台の感情として「共感性」をもちながら

ほかにもたくさんのコミュニケーション技術がありますが、

この3つをおさえておくだけで、結構いいコミュニケーションになると思います。

 

これは職員関係だけでなく、すべての人間関係において

土台になるテクニックですので、皆で実践していきましょう!

と確認し合いました。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

 

2018年07月30日 Category:スタッフ日誌

やった♪

Published by i

「今日、午後に喫茶店にいきますね」

 

グループホームでペアになったスタッフの古賀君から話がありました。

「誰が行きますか?」

と聞くときに、なんやらそわそわしている

「Mさんもどう?」と聞いてみました。

 

「ちょっと自信ないんですけど・・」

 

いつも窓枠やベランダや、ありとあらゆる所から外に出られて

なかなかホームに戻りにくい方です。

 

現在この方の外出支援や、開錠対応をチームで進めている最中ですが

フライングでふってみました。笑

まぁ、経験値もないし、ごもっともな返答ではありましたが、

少ししてこう言ってきました。

 

「Mさんと喫茶店行ってみます!」

 

挑みですね♪

素晴らしい☆

 

「あとは、何かあったらしっかりバックアップするから、

恐れることなく、行っておいで」と送り出しました。

IMG_9194

IMG_9197

結果、1時間ほどで何事もなく戻ってきました。

 

帰ってきた時のMさんの満面の笑みといったら。

IMG_9201 - コピー

豊かな時間、機会だったんでしょうね☆

 

それにもまして、外出支援をやりきった古賀君の笑みと、

「大丈夫でした!」

の成功体験のうれしさを表す表情も素敵でした☆

 

ぼくらにできることは、

「何があっても、しっかりバックアップするよ」

という土台を用意することと、

その先に、職員が成功体験を重ね、自信をつけることを

応援し続ける姿勢、風土作りが大切だと思います☆

 

このフロアは兼ねてから、この土台作りを進めていたから

成功したのでしょうね。

 

入居者さんよりも、嬉しそうな古賀君の姿が印象的でした☆

 

 

IMG_9206

食後の歯磨きの場面。

兄弟ではありませんよ。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

28日から29日にかけ、台風が来ますね。

厳重警戒でのりきりましょう。

 

 

 

外出(喫茶店

 

2018年07月27日 Category:スタッフ日誌

職場環境 ①

Published by i

人と人が繋がり、協力し合う私たちの職場

いい仕事を・・と思うと、

人と人との間にあるものを整えないと、

ということで、皆でちょっと確認しました。

IMG_7674

 

異なる価値観を持っているぼくらは、

仕事の方向性を簡単には共有しにくいものです。

 

ですので、職員間、利用者との間のコミュニケーション環境を

整え続けることが大切だと思うのです。

IMG_9137

コミュニケーションの質が良いと、人間関係は良くなる

コミュニケーションの質が悪いと、人間関係は・・

 

コミュニケーションとは「共有」すること

IMG_9138

 

「共有」するために大切になる土台それは・・

IMG_9139

「熱意」

 

これこそ職員間や、利用者との関係を作る土台に

なるのではないでしょうか。

 

そんな確認、助言を行った後、

出勤時や仕事はじめ、退勤時などに、

利用者さんと向かい合った

「あいさつ」

の対応力といいますか、向かい合ったときの

姿勢、時間が少しUPしたなぁと感じています。

 

今後もしっかり土台を整えていきたいと思います~ ☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_9115

朝から暑いですね~

よく食べ、よく飲み、よく休み、よく遊び

体調気をつけていきましょう~☆

 

 

 

 

 

2018年07月24日 Category:スタッフ日誌

「響き合い」

Published by i

毎日暑い日が続いています。

 

デイサービスのご利用者さんは、必然的にデイよりもご自宅で過ごす時間が長くなります。

ご自宅での環境は色々です。

お1人でお過ごしの方、エアコン、扇風機などで温度調節が出来ている方、

閉めきったままの方、水分不足の方、暑さの為、食事の量が減っている方、全く食べれない方。

 

この季節、到着時の皆さんのご様子はいつもより、変化があります。

いつもと違うかお顔の表情、歩く様子、声、車の乗り降りなどから読み取ります。

 

クラブ雁道では、日常生活動作を通して「自分のことが自分でできるように」と

職員向かっていますが、皆さんの体調を見て、その日の活動を変更する事もあります。

1

 

この日、到着から、「家に帰りたい。」と中に入られないAさんがみえました。

職員、声を掛けながら見守りはしていましたが、Bさんが声を掛けてくれました。

「どうしたの?大丈夫。」と。

Aさん「足が痛くて。家に帰りたいの。」と言われました。

今まで、玄関から外を見て、職員が話かけても目も合わされることがなかったのですが、

Bさんが話しかけると、顔をあげ、目を合わせてお話しされています。

2

Bさん「そっか、痛いのね。ちょっとここに座ってみせて。」と椅子へ誘ってくれました。

座って頂くと「痛かったのね。」と肩をもんでくれました。

 

この直後、今日の様子を聞いたAさんのケアマネさんが様子を見に来て下さり(いつもありがとうございます)

「あら、Aさん、どうされたの?」と玄関で声を掛けてくれました。

Aさんが答える前にBさんが「肩が痛いんだって。」と答えてくれます。

するとAさん「そうそう。」

 

職員がどんなに頑張っても、「響き合い」が職員ではない瞬間があり、

そんな時あえて少し距離を置いたり、むやみに声を掛けなかったりします。

色々考えながら声を掛けるのですが、それが、上手くいく時もあれば、失敗する事も。

この日は「響き合い」の相手が職員ではなく、利用者さんでした。

3

 

この後お二人そろってリビングの椅子へ。

お茶を飲み、昼食のメニューを決めたりして過ごされました。

 

その1時間後、突然立ち上がり「じゃあ、私、タクシー呼んで帰りますね。」と

靴を履きバックを抱え今度はBさんが外へ。

Aさんすかさず、「ずるいよ~。私が先にかえりたかったのに~。」と大爆笑でしたが

帰ることはなく。

 

Bさんはそのまま、「雁道デイ タクシー」でドライブへ。

 

4

暑いのはツライですが、デイの庭の木に蝉があそびに来てくれました。

4匹。見つかりましたか?

 

 

                       クラブ雁道 デイサービス

                              日置 紀子

2018年07月21日 Category:スタッフ日誌

異常気象

Published by i

IMG_8747

全国の皆様、大丈夫でしょうか?

豪雨による災害

そして猛暑

 

被害にあわれた方々

この熱波の影響を受けている方々に

心より御見舞い申し上げます。

 

 

さて、名古屋のほどよく近くで

昨日は38.8度

本日は39.3度

本当に危険です。

 

何が危険、だれが危険って・・

私たちの仕事にあてはめると、

認知症という状態や介護状態にある方の独居ですかね。

熱中症になってしまうかもしれないという事です。

 

小規模多機能は、自宅暮らしを支える事業所でありますので、

こんな環境ですと、予定を急きょ変更することが多くなります。

 

自宅のエアコンのセッティングを行う

エアコン不調の場合、購入手続きを代行する

自宅で過ごすのが危険と判断すれば通いサービスの追加

体調や脱水のチェック

等々の仕事を追加していきます。

 

ここ最近では、週2回通いの方や、

夕方から利用の方を・・・

毎日日中利用へ変更~☆

ついでに、夕食も食べて頂き、

日が落ちる頃自宅に送らせて頂くようにしています。

 

予報からすると、まだ1週間くらいは、

こんな臨時対応をせねばならないようです。

 

必要に応じて、使えるサービスの内容

応援の仕方を臨機応変に変化させることができるのが、

小規模多機能の醍醐味ですね☆

 

でも、早く落ちついてほしいですね。

 

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

夜勤中、どこからか、「ドンドン」音がしました。

誰か部屋の中で壁をたたくか、何かしてるのだと思いましたが・・

IMG_8746

花火が港の方であがっていました。

そんな時期がはじまりましたね☆

 

 

 

 

 

 

2018年07月18日 Category:スタッフ日誌

繋がる

Published by i

IMG_8178

ごはんをよそう方

皿を受け取りまわす方

そこにカレーをかける方

 

個別にはそれぞれ、

「お力をお貸しください」

「よかったらどうですか」

等々で、やれることをやって頂くのですが、

 

環境や場所のセッティングを整えたり、工夫すると、

1つの工程が「流れ作業で完成」となることがあります。

この場合、工夫というより、間に入る方の

気づき、調整力が発揮されたのだと思いますが。

 

他にも、

皿を拭く役割

拭いた皿を棚にしまう役割

が連動することもありますし、

 

歩けなくたって

一つのテーブルを、座っている4人で

分担して吹き上げる

とか。

 

人って、つながるというか、

連携するというか、

その場の状況に合わせて

互いの力を寄せ合えるって 素敵☆

 

そんなつなぎ役も私たちの仕事だったりします。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

2018年07月15日 Category:スタッフ日誌

必要に応じて

Published by i

小規模多機能型居宅介護は、

ケアマネージャを事業所内に配置しているという事もありますが、

必要に応じて、いろいろな応援の仕方(通い、泊り、訪問)が臨機応変に

できる仕組みになっています。

 

といいましても、スタッフの配置や時間帯によっては難しいこともありますが。

先日も本日もそうですが、電話で

「買い物どうしたらいいか・・」

「猫の砂を買いにいきたいけどいけなくて・・」

等々の話になることがあります。

 

そんなときは、

「じゃあ一緒にいきましょう!」

ということで、もともと買い物予定の方と一緒だったり、

ご自宅へ訪問して買い物に出たりしています。

IMG_8428

本人さんが、「助けて」「力を貸して」「困ってるの」

そんなときは、「なんでもやります」ということではなく、

専門職として、本人にどのような応援が必要かを見極めて、

必要に応じて、必要なことを応援できるようにしていきたいと思います~☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2018年07月12日 Category:スタッフ日誌