カフェ日和

Published by i

IMG_E5617

朝からスッキリ晴れた秋晴れだった昨日は11月11日。

全国的には介護の日でしたね☆

波の女では、オレンジカフェ・ジェネの開催日でありました。

 

今回のミニ講演は

「関節の痛み・肩コリの本当の原因について」

という話を、理学療法士 中村和人さんを

横浜からお呼びして、話して頂きました。

中村さんは、社会福祉法人エンゼル福祉会の組織内で働く傍ら、

地域に向けた介護者教室で話をしたり、関係書籍に原稿をあげたりと大活躍中です。

 

IMG_5509

前半は、へぇ。フムフム。なるほど。

とためになる話をして頂きました。

 

お話のあとは、もっと聞きたい!という参加者からひっぱりだこでしたね♪

IMG_5541

 

IMG_5574

ありがとうございました☆

 

後半はいついものスタイルで、

グループホーム入居中の認知症という状態にある利用者さんが、

ウェイター役を務めるカフェ・交流、相談会を行いました。

IMG_5561

とうぜん間違いはところどころで起こるものの、

参加者も、入居者さんも、楽しくも有意義な時間、

交流の場になっていたと思います。

 

次回は平成31年1月に行います。

どんな内容になるかお楽しみに☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

2018年11月12日 Category:スタッフ日誌

「ごもっとも」

Published by i

朝、皆さんが到着され、新聞を読んでいた時の利用者さん同士の会話。

 

介護施設で起きた「暴言」の記事でした。

内容は、施設の看護士が90代の入居者さんに向かって「死ね。」と言った。

と言う記事でした。

 

真面目なお顔で、とっても優しい声で話してみえました。

「なんで、わざわざこんな事、言うんだろうなあ。

時期がきたら皆、死ぬのになあ。こんな事、わからんかったのかなあ。」

「誰か、この看護師さんに教えてやらんかったんだろうか。こんな事で棒に振って。」

近くで聞いていた私には、こんな言葉を人に向かって言ってしまった

看護師さんの事を人として心配しているように聞こえました。

 

人生の先輩方は、本当に何でも解決する方法をご存じです。

 

誰か、気が付かせてあげる人が近くにいれば。

聴いてあげる人がいれば。

 

この、利用者さんたちのように、穏やかな声で一言声を掛けてあげる人が誰かいれば。

一呼吸つく事が出来る環境があれば。

 

もしかしたら、何か変わる事が出来たのかもしれません。

 同じような仕事をする私たちにとって、何かヒントを下さったような気がします。

 

 

1

今日は皆さん、力仕事です。

 

2

大きな段ボールが来たので、皆で小さくゴミに。

 

3

最後はきれいにゴミ袋へ。

 

毎日、当たり前のように生活していますが、日常生活動作って沢山ありますね。

 

クラブ雁道 デイサービス  日置 紀子

2018年11月09日 Category:スタッフ日誌

「覚悟」

Published by i

IMG_2224

手前の男性、鈴木さん。

認知症という状態にありながらも、

日々生活行為を大切に暮らしてみえました。

 

9月末、肺炎で入院。

2週間程の時点で面会に行くと・・

IMG_4606

水分・栄養は点滴のみ

排泄はパット交換のみ

褥瘡リスク高くなり、体の向きを右に左に。

やせ細り、細々と力のない声で話されます。

「もうこのままでいいです・・」

日々弱っているようでした。

 

家族と様々なリスクについて確認して出た結論

「滝子に戻しましょう!」

互いに「覚悟」が決まりました。

 

「病院や療養型を行ったり来たりした方がいい」

という主治医に「退院」を迫りました。

入院してちょうど1ケ月たった10月末

クラブ滝子へ戻ってきた鈴木さん。

 

IMG_5010

現在は、ほぼ入院前の姿を取り戻しつつあります。

 

IMG_4999

鈴木さん語ります。

「あの時はもうだめだと思いましたよ」

 

「覚悟」を決め、「挑んだ」甲斐があるというものです。

人は可能性に溢れているのですね。

まだまだこれから。

共に人生を切り開いていきたいです。

鈴木さん。一緒にがんばりましょうね☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

次回の記事UPは8日ごろを予定しています。

少し間隔が開きすみませんでした。

今後ともよろしくお願い致します。

 

2018年11月05日 Category:スタッフ日誌

食事介助 (後)

Published by i

前回、食事介助時の姿勢や環境面の取組一例をUPしましたが、

今回はそれに加えて「関わり」です。

 

単純に次ぎから次へと、口へ食材を運ぶだけが食事介助ではありません。

そこに「関わり」「関係」があってこその介助なのではないでしょうか。

食事介助は水分栄養の補給目的だけではなく、人が生きていくうえでの

大切な機会、時間であり、家族や他者との交わる場面でもあり、

豊かな場面が本来必要とされるものだと思うのです。

 

その事をふまえて、場の雰囲気つくりや声かけをしながら、

時には音楽の力を借りながら関わって介助をさせて頂くのですが、

「起きてください」「目を開けてください」

ではなかなか、目を覚まされないといいますか、うまくいかない事があります。

 

ですので、声かけだけでなく、前回の記事のような

姿勢を整える身体面へのアプローチを行います。

その際、ある程度目が覚めたり、覚醒される事が多いと思います。

人と場合によっては、丸椅子を使うのも同じです。

 

その短い「ゴールデンタイム」というか、「タイミング」を

少しでも継続させるために、「関わり」を最大限発揮していきます。

 

相手の意識を自分に向け、自分と相手の関係の中でのやりとりの

スイッチといいますか、意識エネルギーをUP目指します。

コミュニケーションの基本を行うだけですが、アイコンタクト、

その方にあった声かけを集中的かつ積極的に行い、眠たい脳へのアプローチを行います。

 

それに加え、噛んで飲み込むまでの、リズムやきっかけが

なかなかとれず、いつまでもモグモグされていて、

飲み込むまでに時間がかかってしまう場合もあります。

ですので、声かけプラス、味や水気、食べ物の形状などの工夫により、

噛む、飲み込む、時々水分でリセットしながら、リズムを整えます。

 

その際に「関わり」「声かけ」が重要な役割を果たしますので、

普段からもそうなのですが、関係性を作っておき、積極的な関わり

の中で、効果的な食事介助になるように、豊かな食の場面になるように、

姿勢+環境+関わり その土台に普段からの関係性を活かした

食事介助を大切にしたいと実践中です~☆

 

うまくいかない時もあったり、相手のその時のコンディションが変わったり、

状態が変わったりする時もありますが、

都度、工夫していい関わり、いい仕事ができるように

していきたいと思います☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

(今回の記事は、口腔や機能の専門家のコメントではありません。

 私個人の介護現場での実践例を紹介したものであり、

 すべてのケースに該当、すべての職員に活用できる訳では

 ないと思いますので、あくまでも参考程度でお願い致します)

 

*次回のブログは11月に入ってからの記事UPの予定です。

少し間隔があきますが、今後ともよろしくお願い致します。

 

2018年10月27日 Category:スタッフ日誌

食事介助 (前)

Published by i

自分で食べれなくなった方

食べ方がわからなくなった方

うまく食べれない方

などなど、補う仕事の僕等は、

食べる事のサポートをしたりします。

 

ちなみにいきなり、「介助」ではなく、

あの手この手で、どうやったら自分の力や、

力の一部を引出しながらという事を皆で意識しています。

 

そんな食事介助ですが、食事中に寝てしまう方がみえます。

食事というものは、姿勢や意識や機能など、

食べるに向かうという事は、いろいろな要素を整えないといけないのですが、

後ろにもたれたり、傾いて寝ている、うつらうつらしていると

食べる、食事介助というのは、時に危険な事に向かってしまったりする

可能性を高くします。

詰まって窒息 とか 誤嚥して肺炎だとか・・

 

ですので、職員みな工夫して目を覚ますようにアプローチしながら

食事を口に運ぶ工夫、努力をしています。

それでも、なかなかはっきりしない時が多いので、

結果時間が1時間以上かかってしまう事もしばしば。

 

なんとか一工夫せねば・・です。

 

ちなみに自分は、

とんにかく姿勢を整える。

クッションを詰めるなどして、後ろにもたれないような姿勢。

足の裏が地面や足置きにしっかり設置するように。

 

本人の状態によっては、丸椅子に座ってもらうと、

自分自身で姿勢を整える事ができる方もいるので、

「離れない」「横や後ろに倒れない工夫」をしながら、

短時間で単座位で食事に集中してもらう環境設定を作ったりします。

丸椅子は、それでも途中から目を閉じられていく時があるので、

転倒しないように注意は必要ですが。。。

 

そんな環境といいますか、姿勢を整えるのがまず基本です。

 

さて、その次のポイントは次の記事で☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_4822

先日のドライブで。

「バイバイまた来るからね~」

 

本人は忘れてしまっても、僕等が忘れないように

約束を守るためのサポートもせねばね☆

 

 

 

2018年10月23日 Category:スタッフ日誌

おでかけ

Published by i

本日出勤時「天気いいなぁ」

という事で、急遽、外出企画をたてることにしました。

外出するにはいい気候です☆

 

という事で、本日目的地はみなさんと相談のうえ「海へ」

昼食会場は仲間の法人がやっている、

福祉旅館「サポートイン南知多でランチ」

となりました。

 

海へGOGO!!

 

IMG_4761

 

IMG_4768

 

IMG_4787

 

IMG_4784

これはヤバい! おいしそう!!

 

IMG_4811

 

IMG_4815

 

帰りには、この地域定番の「えびせんべいの里」

で試食、買い物、コーヒーでいっぷく。

IMG_4829

 

IMG_4835

 

IMG_4823

みなさん、次はどこいきましょうかね☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_4804

「サポートイン南知多」さん。

すばらしい旅館です。料理も抜群。

フロア内は素足、くつした。

トイレの中だけ専用スリッパ。

認知症という状態にある方々みな

出てくるとスリッパはいたまま。

記憶、判断、理解力的、感覚的にそうなるでしょうね。笑

また行きます~☆

 

 

 

2018年10月20日 Category:スタッフ日誌

変化

Published by i

クラブ滝子の宿泊室は8部屋。

つまり宿泊者は最大8名。

現在、入院の方と、利用中止になった方がみえるので、

宿泊者は6名。

 

昨日の夕食を食べる方の人数は11名。

これは、夕食を食べて自宅に帰る方が5名みえるということです。

夕食後の18時すぎから、2時間くらいかけ、5名の方を送ったり、

買い物付き添いなどの訪問をしたりしています。

 

認知症という状態にあり独居の方ですと、時間とともに

生活のしづらさが増えてきて、どうしても私たちとの関わりが増えていきます。

結果、「365日毎日利用、昼食夕食を施設で済ませ自宅に戻る」

という利用者が増えています。

本来は施設入居している状態の方ですが、自宅を絡めてという事で、

最後のひとふんばりをしているところです。

 

今後も、変化していく利用者さんの状態、暮らしに合わせて、

私たちの仕事の内容や、出勤体制も対応できるようにしていきたいと思います~☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_4614

おっ! 利用者さんの自宅近所の神社で屋台が・・

おまつり一緒にいきたい~☆

 

 

 

 

 

2018年10月17日 Category:スタッフ日誌

「小規模多機能」の仕事

Published by i

IMG_1653

昨夜21時過ぎ、家族から小規模多機能クラブ滝子に電話が入りました。

「父が外で倒れていたらしく、救急車で運ばれています」と。

 

毎日昼間利用の方ですので、その当日も朝迎え、

昼食をはさみ夕方送りをさせて頂いております。

いつものことですが、外で倒れたという事ではなく、

道路に座り込んだのを、通行人がみてびっくりしたのだと想像します。

 

病院付添は家族が対応して頂けるとの事。

僕等にできる事は何があるのでしょうか?

 

「もし、病院から自宅に戻すのが不安であれば、

 クラブ滝子で臨時宿泊もできますよ」

その日のうちにできる事はそのくらいでしょうか。

 

結果、夜中0時40分に施設に到着され、臨時宿泊となりました。

 

こんなふうに24時間連絡体制や、現場対応できる臨機応変さが

小規模多機能の良さではありますが、

今回みたいに「起こったトラブルに対処」してるだけでは、

まだまだ仕事が足りないという事ではないかと反省反省。

たまたま休みだっただけで、対応した家族も平日だったら

大変だったことと想像できます。

 

こんなことが続けば、「自宅はもう無理」「施設に入れる」

となるのは当然の事です。

それは小規模多機能の目指す仕事ぶりとは反対の方向性。

 

「自宅から外へ出て迷子になる」

「警察や救急のお世話にある」

という生活の不具合さを取っ払う、先手のアプローチができてこその、

在宅生活の応援団といえるのではないでしょうか。

 

今後も皆.で小規模多機能の「仕事」ができるよう、

頑張っていきたいと思います。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

すみません。UP仕方間違えていました。

今回は14日分の記事です。

次回は17日昼ごろUP予定です。

 

 

 

 

2018年10月14日 Category:スタッフ日誌

お巡りさんコラボ(後)

Published by i

(前回の続き)

 

「お!久しぶりだね~。 どうしたん? なんか困ってる?(自分)」

「この人たち(お巡りさん)がねほりはほり聞いてくるのよ。

 私をぼけ扱いしてからに。失礼しちゃう!」

「それは困ったもんですね(自分)」

 

「お巡りさん。失礼ながら誰かにものを尋ねる時は

 自分の方から名のるのが礼儀ってもんですよ。

 お名前を聞いてもいいですか?(自分)」

「あっ!失礼しました。○○署の○×と申します。(お巡りさん)」

「○×さんというそうですよ。おもしろい名前ですね。

 向こう側に名のってもらったので、こちらも伝えましょうか(自分)」

「あんた○×さんというのか。なんか聞いたことあるな~

 わたしゃ□□△△って言います」

「確か□□△△さんの住んでるところは○○だっだですよね(自分)」

「違う違う△△だわ」

「あっ そうそう そうだったね。(自分)」

 

そんな流れで、名前やおおよその住所を聞き出しお巡りさんに

橋渡ししました。

 

「上手なもんですね~ 勉強になりました(お巡りさん)」

 

結果、前歴(迷子)がある方で、無事に家に帰ることになったのですが、

認知症という状態でも、お巡りさんでも「人」には変わりなく、

「人」と「人」とのいい関係、いいコミュニケーションには、

なんら例外あるわけでなく、そこにを実践したところです。

 

まぁ 私たちはプロですからね。

お巡りさんには負けてはおれませんよね。

でも、市民の安全を守るお巡りさんだけに、

今回のような機会を、相手にストレスかけずに突破していく

スキルを身につけてもらえたら、より心強いものです。

 

聞いたところによると、まだ認知症の勉強やサポーター要請講座を

受けてないとの事。

 

結果、プロの僕等の力不足でした。

まずは施設所在地の警察署に、講座、勉強会等の案内にいかねばですね。

また、機会があったら、お巡りさんとコラボしてみたいと思います~☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_4242

一日のスタート

洗面所の身だしなみの風景好きだな☆

 

 

 

 

 

 

2018年10月11日 Category:スタッフ日誌

お巡りさんコラボ(前)

Published by i

先日のことです。

暗くなってきた頃ですが、自宅近くの道路角に座りこんでいるお婆さん発見。

なんかオーラが怪しい。。。

 

車の中から声をかけます。

「大丈夫ですか?(自分)」

「ちょっと休んでるだけだで大丈夫だよ」

「家まで送ってこか?(自分)」

「荷物が重いから、ちょっと休んでるだけ。

 すぐそこ家だで大丈夫」

「わかりましたぁ。気をつけて(自分)」

 

いったんその場を離れたものの、やはり気になります。

車をUターンさせ、今度は歩いてアプローチ

「(初めてのフリで)大丈夫かい?送ってこか?(自分)」

「ありがとね。ちょっと休んでるだけだで大丈夫だよ」

白髪交じりの長い髪の毛のおばあ様です。

靴、服、体臭、口臭、会話、表情、動作等、話ながらさりげなく

チェック入れさせてもらいます。

まぁ、そんなに気になる事はなかったし、気温もいい感じだったので、

「気を付けね」とその場を離れました。

 

30分ぐらい後に戻ってくる時に、まだ座ってたら、

本格的にアプローチする事にしました。

 

で、用事済まして再びその場を通ると、

パトカーが来て、おまわりさん2人で取り囲まれていました。

 

「大丈夫だって!おおげさだね!!」

なんか怒っているようです。

地面に座り込んでいるおばあさんと、上から見下ろすおまわりさん。

なんか困った感満載の雰囲気です。。

よけいなお世話とは思いながらも、先ほどの続きとばかりに介入

させて頂きました。

 

おまわりさんに「ちょっと失礼~」と声をかけ、

お婆さんの前に、同じ格好で座りこみ話しかけます。

 

さてどうなることやら・・

次回に続きます~

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

IMG_4198

この一日が始まる朝食の雰囲気、いつも好きだなぁ。。

2018年10月08日 Category:スタッフ日誌