補い

Published by i

IMG_3575

九州に行っていた関係で、投稿UP遅れました。

写真は阿蘇なのですが、急に雪が降り出して、

あっという間に白くなってしまった時のものです。

暖冬であろうが、九州であろうが、

降る時は降ります。

ノーマルタイヤだったので、ヒヤヒヤものでした。汗

 

さて、その帰りの事です。

滋賀まで帰ってきたところで、財布がない事に気づきました。

なぜか、「さっき寄った時のパーキングのトイレの中だ!」

と忘れてきた記憶というか、確信めいたものがあり、

道路公団と警察に連絡して、発見・保管してもらえる

事になり、一件落着だったのですが、

免許、クレジットカード、キャッシュカード、保険証等が入って

いたので、現金がなくなる事よりも、関係機関への届け出や、

再発行の手続きを考え、その時は青ざめていたと思います。

 

人は忘れる生き物。。。。

 

いや自分は「特にそそっかしく、あわてんぼうで、忘れる生き物」

だと自覚しているので、「忘れてきた!!」と気付いた時の

自分自身へのいら立ちと、残念さにがっかりしていました。

 

という自分に原因があるにも関わらず、

高齢化や認知症の発症も増えている世の中で、

「忘れもののない公共トイレ」の仕組みが遅れているんだ!と

人のせいにしている自分勝手な自分がいたししています。

 

便座の向きを逆にするとか、

座っている目の前に物を置くスイングバーを設置するとか、

「なんか、考えてもらわなにゃいかんよね」

と愚痴的なものを和田さんや社内の仲間にしたりしていました。

 

すると、和田さんから

「井さんへ。財布に旅の怖さを教えておくといいですよ」

的な内容が還ってきました。。。

教えるっていったい・・・笑

ちなみに和田さんの携帯電話は言う事をきかないそうです。笑

 

でも、他の返信からも、「自分にがっかり。しょっちゅうです」等

コメント頂きなんとか自分をなだめているところです。

 

ちなみに、調べてみたら、

IMG_3618

IMG_3619

地元で今年度から、センサーを使った忘れ物対策が

始まっているとの事!

(センサーが感知して、出る時に教えてくれるようです)

 

「これを待っていました!!」

他力本願、補ってもらう事ばばかりを考えてしまう、

今回の出来事。

 

いつか自分も認知症になっていくと思われますし、

物忘れや注意力低下の自分や社会に適応する

環境整備が進むとありがたいなぁ~と思いました。

どーでもいい話ですみません。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2020年01月16日 Category:スタッフ日誌

今も参りますか

Published by i

正月からバタバタの日々で、投稿UP遅れました。汗

 

まぁ、たまたまここういう時期だからという訳でなく、

生活支援、自立支援とは、相手の気持ちや力を引き出して、

なるべく相手に主体となるよう応援しているので、

どこまでいっても、自分達のペース、予定通りにはいかないのが

常なのではないかと思っています。

 

たくましく、わがままになってもらい、

振り回されてなんぼの仕事なのかもしれませんね。

 

バタバタの中身は、初詣などの季節行事もありますが、

受診や体調不良なども含まれていますし、今回は

訪問したらお亡くなりになっていた方があったりしました。

 

さすがにこたえますね。

前日の午前は自分も訪問させてもらってましたし、

午後も別のスタッフがケアに入っていたのですが、

お亡くなりになった当日の午後に、往診を手配してあり、

入院してコンデション整えようか・・

といっていた矢先のことでした。

 

結果、心筋梗塞という事だったのですが、

「次」はない可能性があるのが僕らの仕事ですよね。

 

この方、年末年始には、自宅でシャワーを浴び、

息子さんに髪を切って頂き、有馬記念や競輪の

券を購入し、TVに結果を楽しまれ、

新年には外出し、刺身を購入したり酒を飲んだり。

もちろんタバコも吸ってました。

 

身内の方にとっては、「良かった」とはまだ思えない

でしょうが、私達から見ると?いや、自分が思うに、

自分らしく最期まで自宅でやりたい事をある程度

やりながら、パたっと逝ってしまわれる人生も

悪くはない。いや素敵なのではないかと思えたりしています。

 

まぁ、そんなこんなで、バタバタと新年始まっていますが、

今年も利用者、家族、職員、関係者と駆け抜けて

いきたいと思います。

 

よろしくお願い致します。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

2020年01月08日 Category:スタッフ日誌

☆謹賀新年☆

Published by i

IMG_3084

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
また、旧年中は、多大なるご尽力をいただき誠にありがとうございます。

本年も、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

IMG_3057

滝子通一丁目福祉施設 職員一同

 

 

素敵な正月ですね☆

冷えはあったものの、ご来光を屋上で拝んだ方々も

それぞれの思いをもたれていたようです。

IMG_3078

 

あと楽しみは、おせち料理ですよね。

自分達で作ったもの、注文したもの、盛沢山で、

「すごいなぁ~」と喜びと驚きの場面でした☆

IMG_3111

 

今年も皆でいい年にしましょうね。

よろしくお願い致します。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2020年01月01日 Category:スタッフ日誌

☆ありがとうございました☆

Published by i

IMG_2597

気が付けば12月30日

今年も明日で終わりです。

そして2020年の幕開けですね☆

今年最後のブログとなります。

 

個人的な事情と主観的な感想ですが、

結構多忙な年で、あっという間の1年でした。汗

時間が過ぎていく中で、経験や仕事の質が、

昨年に上乗せで積みあがったか?

と言われると、ちょっと苦しい返答になりそうな

年でしたが、その反省を来年に活かせるように

繋げれたらと思っています。

 

年々体調や体力も衰えを感じてはいますが、

利用者入居者の日々の暮らしは待ってはもらえません。

 

今年よりは進歩できる自分になるよう、

イメージや抱負を持ちながら、謹んで新年を迎え、

始めていけたらと思います。

 

出生は減り、死亡は増え、今年の人口は

51万人以上人口が減ったとの事。

 

毎年大きな地方都市が消滅していくくらいの

急激な人口減が進むこの国に、

不安感や不安定さはありますし、

この業界も年々厳しい状況が続きますが、

現場最前線で、「人」として生きていけるように

応援し続ける1年にしたいと思います。

 

関係者の皆様、今年も本当にお世話になりました。

来年も共に進んでいきましょう。

よろしくお願い致します。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2019年12月29日 Category:スタッフ日誌

☆大掃除☆

Published by i

IMG_2735

先週の日曜日の様子です。

IMG_2726

 

IMG_2731

 

IMG_2739

 

日々進めている、年末大掃除の拡大版で、

この日は利用されているご家族も加わり、

皆で大掃除のツメを行いました。

 

息子が来たという事で、母親でもある

利用者さん達は、なんだかそわそわ。

息子さんと一緒に掃除をされていました。

見つめる目はやはり母親ですね。♪

 

高いところにあるものや、個室内を中心に

掃除して頂けました。

おかげ様で☆キレイ☆になりました。

ご協力感謝致します。

 

大掃除後は、ご家族に集まって頂き、

「懇談会」も実施。

IMG_2744

事業所全体のことや個別の事も含め、

色々報告や意見交換を行いました。

 

今後も、共に運営にあたって頂けたら幸いです。

ありがとうございました。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

2019年12月23日 Category:スタッフ日誌

能力の引き出し(後)

Published by i

前回の記事の食器棚清掃の状況を

もう少し掘り下げての実況中継です。

IMG_2660

 

食器棚の中身の整理や清掃は、結構頭と体を使うんですよね。

 

出すために食器を持つ、運ぶ、置く、上の方のものは

バランスをとりながら、伸びをしながら。

その後は大量の食器の分類。

収納時は、保管場所の選定、持つ、運ぶ入れるを

他者とコミュニケーションを図りながら行っていました。

 

日々使うものですので、奥の奥には、結構ホコリがついていたりと、

年末でなくても、時々行わないと・・・といった感じです。

 

でも、なによりも、利用者さんが、主体的に活き活きと

活動をされているのが、見ていて頼もしい限りですね。

 

一度スイッチが入り、自分達が今何をすべきかの理解が

伴うと、終わるまでは止まりません~~

 

たくましくも、頼りになる利用者さん達です。

 

さぁて、次はどこやりましょうかねぇ~♪

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

2019年12月18日 Category:スタッフ日誌

能力の引き出し(前)

Published by i

IMG_2659

部分的に年末大掃除を始めています。

写真は食器棚の清掃と整理です。

 

利用者全員認知症という状態にある方々ですが、

その状態が一見分からないような方もみえれば、

対応が難しい方もみえます。

 

そんな方々が同じ空間時間を共有し、

生きるため、暮らすための生活行為を共にしますが、

行為の内容によっては、できるできないが別れます。

 

「有する能力に応じる」

が僕らの仕事なので、色々と能力の

引き出し、活用のアプローチをしますが、

「食事のメニュー決め」

は結構苦労します。

 

それに対して、シンプルな行為の

「掃除」や「片付け」は、きっかけが必要ですが、

始まってしまえば、比較的認知症の状態に

よらず、皆さんその行為をしっかり行われます。

 

食事のメニュー決めみたいな、

「想起」「想像」「記憶」が必要とされる行為は、

「なんでもいい」「同じでいい」と

脳の状態に合わせた対応をされる事が多いように

思いますが、掃除や片付けは、

目が見え、手足が動き、手本や具体的な指示や段取りがあれば、

手続き記憶とその場の適応力、合わせる力で、

能力を発揮しやすいのだと思います。

IMG_2663

 

これから年末に向け、みなさんの

能力を引き出し、活用しながら、

新年を迎える準備を進めたいと思います☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月13日 Category:スタッフ日誌

ほっこり

Published by i

朝方3度と、今シーズン一番の冷えの名古屋です。

雲一つない快晴で気持ちいいのですが、

空気は冷たいですね。

 

朝のお迎えが終わり、施設へ到着した利用者さん男女が、

クラブのフロアへ上がってきた時の事です。

IMG_2592

IMG_2594

手をつないでフロアに入ってこられました。

「冷たい手しとるね~」

「そっちはあったかいなぁ」

 

男性の方は少し照れながらも、まんざらでない様子。

 

毎日顔を合わし、同じ車に乗り合わせるもの同士。

記憶障害なんてなんのその。

互いの存在感、仲間感、連帯感は、

体感的に育まれていきますよね。

 

男女を越えた、互いに手を取り合う

「人」同士の暖かな光景に、心温められました。

 

ほっこり

 

皆で、寒い冬を乗り越えていきましょうね♪

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

 

2019年12月08日 Category:スタッフ日誌

「誰かいませんか」

Published by i

「誰かいませんか」
「寂しい」

IMG_2156


昼間、利用者やスタッフが目の前にいても
こう話される方がみえます。

そして、フロアの中をさまよっている事もあります。

ご本人には、他利用者やスタッフの
姿は見えています。

みなの動きも声も聞こえています。



それでもです。


この方にとっての「誰か」は、
物理的に存在する人は含まれていないのでしょう。

もちろん私もスタッフも
ご本人の事を理解し、傾聴をしていますが、
それでもという事でしょう。

もっと、深い所で、
本人の不安、混乱、苦しみ、寂しさ、苛立ち、辛さを含む、

その人本人の存在を受け止め、
親身に対応してくれる人を、
自分の存在を受け入れてくれる人を、
探しているのでしょう。



そして、一緒に寄り添い
一緒に悩み
一緒に苦しみ
そんな中にも、そこに存在する
意味や、できる事、役割のある暮らしが

少しでも引き出せたら、
今の混沌とした空間、時間の中から
少しは抜け出せるのかもしれません。

僕らに必要なのは、
この方にとっての、
物理的な対応者ではなく
その人の存在を認められる事

その人にとって存在感のある人である事が

求められるのかもしれません。

 

しっかり向かい合って、

「誰か」に

に加えてもらえるようにしたいと思います。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2019年12月03日 Category:スタッフ日誌

サポーター来設

Published by i

先週の事になりますが、東京の大起エンゼルヘルプより

理学療法士田中さんが、現場の悩み解消、レクチャーの

ために滝子に来られました。

IMG_2204

 

IMG_2196

 

IMG_2183

基本を教えてもらう機会はありますが、

現場の中では、個別に合わせた方法を

専門職より手本を見せてもらったり、

レクチャーして頂けると大助かりです。

 

今回も、移乗介助、姿勢保持、ポジショニング等々に

加え、職員の体格や体力に合わせた介助方法などを

レクチャー頂けました。

 

今回の内容も、利用者さんに還元できるよう、

職員間で確認伝達作業をすすめていきたいと思います。

 

やっぱり専門職の力は素晴らしい☆

アプローチしている最中にも体が柔らかくなったり、

姿勢が良くなったりと、効果ありでした。

 

ありがとうございます☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

ちょっとした悩み?不思議?

本当は調子悪い時の様子を見てほしいのですが、

なぜか、このような機会の時には、

対象の利用者さんは、いつも以上の

コンディションの良さを発揮され、

「普段はそんな簡単にはいかないんだけどな~(笑)」

といった事が多々あります。

 

やっぱりプロ中のプロは、その存在感のみで、

能力の引き出しや修正を行っているのかもしれませんね☆

 

2019年11月28日 Category:スタッフ日誌