諦めない

Published by i

7月より、小規模多機能クラブ・滝子に登録された

新規利用者がみえます。

 

入浴、通院付き添い、いざという時に

フォローしたり泊まったり等の非常時の

受け入れもできるといいよねという目的で

利用開始となったのですが、20日現在、

通いサービス利用なし。

病院や買物付添なし。

 

そうなっている現状は、ご本人が環境の変化に

不安を抱いている事があります。

もちろんうつ状態や認知症という状態による

影響も当然あるでしょう。

 

以前のケアマネやサービス事業所もかなり苦戦している中で、

努力と工夫により、サービス提供していました。

それでも時々難しい時もあるし、先々考えると、

包括的に支援できるクラブへ移行しておいた方が

という事でクラブ登録へ変わったところです。

 

 しかし実情は、先の報告の通り・・・

 

「利用したくない」

「調子悪い」

等の理由で、訪問しても出てもらえず、

電話してもあまりつながらず、

出て頂いても、「結構です」的な返事ばかり。

 

さて、どうしたものか・・

 

「やってみましたがサービス変更は難しいです」

「元の利用状況へ戻しましょう」

ギブアップするのは簡単で妥当なのかもしれません。

 

でもここは「波の女」

 

元々関わっていたチームの見立てで、

「クラブ利用にするのが本人のため」

というプロの見解あっての今回の運びですので、

簡単にギブアップする訳にはいきません。

 

専門職としてのプロ根性と、本人にとって必要な

応援をしていくために、臨機応変に対応しやすい、

包括的サポートを利用してもらうために、

努力と工夫、継続、あきらめない精神で

挑んでいる最中です。

 

うつ状態もあるので、ご本人さんのその時々の

気持ちにも配慮しながら、アプローチを続けています。

 

毎日

毎日

何回か

電話したり

訪問してみたり

 

少しづつ少しづつ

関係性を構築しています。

 

2週間超えたあたりで、

家に入れて頂き、今後の事に

ついて確認したり、身の上話をしたりできる

ようになってきました。

次の受診付添の段取りも進めています。

 

以前のケアマネ、訪問介護事業所、訪問看護事業所

訪問診療、行政、福祉用具貸与事業者、各関係機関

とも密な情報交換や協力を頂きながら、少しでも

前に進むよう連絡調整も進めています。

 

 一歩ずつ

でもとても小幅で

時々下がったり

戻ったりしてしまいながら

 

そそれでも、

諦めず挑み続けていきたいと思います。

困難なケースにぶちあたった時にこそ

「波の女」の役割が発揮されるように

困っている方の力になれるように。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

*私事ですがバタバタしておりUPが遅れていてすみません。

次のUPは26日頃になる予定です。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

2019年07月20日 Category:スタッフ日誌

プロの技

Published by i

あまりボランティアの方々が来られる機会の少ない

滝子の施設。

 

受け入れない

という事ではなく、

積極的に受け入れの段取りをしていないだけで、

申し出があれば、受け入れる事もあります。

 

今回は、利用者家族の関係といいますか、紹介にて、

シニアメイク&ハンドマッサージの団体の方々が来られました。

 

正確には、ボランティアの方ではなく、

初回のみ体験利用という枠を使い、来て頂いた訳で、

通常は有償?有料?という事です。

 

実際どんなのかと、ふたを開けてみたところ・・

IMG_5115

会話は上手&はずむ

化粧は上手

マッサージは気持ちよくなる

という事で、笑顔や素敵が絶えない1時間でした。

 

メイクやアロママッサージの技もしっかりされてますし、

それよりも、会話、話の引き出し、持ってきかたが

とても上手で、「認知症」という状態にある方々との

関係づくりがなかなかのものです。

 

介護食も見習う必要があるのでは?と思うくらい。笑

 

そこは、「プロ」としての技とモチベーションなんでしょう。

とにかく利用者、入居者にとって素敵な時間だったのでは

ないでしょうか。

 

僕らも頑張らないと☆

IMG_5116

女性がたくさんきて施してくれたとの事で、

デレデレのTさん。

 

投げキッスに、見送りまで、最後の最後までデレデレ☆

よかったですね。  間違いなく、一番喜んでいましたね。笑

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

2019年07月14日 Category:スタッフ日誌

☆全体外出☆

Published by i

8日は施設全体外出の日でした☆

 

30名の利用者入居者さんと、10名の職員で、

高速で約1時間。南知多の福祉旅館

「サポートイン南知多」

へ行き、昼食を頂きました。

IMG_4972

 

IMG_4974

車5台に分乗し、出発です♪

 

ほどよい高速での移動時間を経て、

目的地へ。

IMG_5052

ここは福祉旅館として、設備、工夫、対応に関して、

要介護の方が利用するにとてもいい環境です☆

今回は昼食のみ利用でしたが、

宿泊できますし、介助浴槽や介助職員も備わっています。

 

一般の方の利用も、身内に要介護の方がいらっしゃる家族も、

介護施設の利用も、全てに対応できる、なかなか素敵な旅館です☆

ぜひ皆さんも、ご利用を。笑

【サポートイン南知多  0569-89-8011】

 

大広間にて、皆で昼食を頂きました。

IMG_5046

介護食の用意もして頂けましたし、

みなさん、モリモリ食べてみえました。

IMG_5045

やっぱり環境や、ご飯のできにより、食欲は変わりますよね。

 

 

IMG_5019

ちなみに、食事は自炊型の滝子ですので、

食事後は、自ら片付けをしようとされる姿もありました。笑

置いておいてね。。。

 

昼食後は、帰宅組と、ぶらつき組に分かれまました。

20人弱の寄り道組は、海岸沿いをしばらく流し、

えびせんべいの里で、お土産とコーヒータイムです。

IMG_5069

 

IMG_5078

施設内からっぽ、全体外出は、年に1回しかありませんが、

とてもいい機会だったと思います。

 

また、行きましょうね☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

あ、ちなみに、からっぽの施設内は、

業者さんによる、全館清掃です。

IMG_5100

☆ 一石二鳥 ☆

2019年07月09日 Category:スタッフ日誌

混乱

Published by i

IMG_4888

短期記憶障害

判断力の低下

理解力の低下

典型的な認知症の中核ともいえる症状があるTさん。

 

ペースメーカーの電池交換でオペが必要で

入院する事になりました。

 

最初から分かっている事なのですが、

大混乱  大混乱  大混乱

 

そこにいる意味が分からないので

院内動き回る

 

不安や混乱から

不眠となり

 

治療の場としての病院内では

環境不適応状態で

本人、病院 双方にとって厳しい状態でした。

 

結果、不眠や動き回り対策で処方された眠剤で

ふらつき、ベットから転落、頭に裂傷を負い、

縫合されるといった、目的外の治療という

おまけがついてしまいました。

 

その後は歩けるにも関わらず、トラブル防止で

車いすに座り、ナースステーション内で過ごすはめに。

 

1週間で退院となりましたが、

認知症という状態にある方が、治療目的で入院となると、

なかなか厳しい状況になる事はよくある事です。

 

記憶、理解、判断、その他の不具合があると、

周りの環境に合わせるのが難しくなります。

能にくっついた病気のせいです。

 

病気でそのような状態になっているのですから、

本人の努力ではなかなか克服するのが難しいのです。

そうだとしたら、できる事の一つは、

「本人に合わせる事」です。

 

ですから「治療方針に合わせる事」

が求められる入院は、なるべく短くするしか

ないののだと思います。

 

認知症とうまく付き合っていく方法の一つは、

「どっちに合わせるか」

という事だと思います。

 

もちろん答えは

「本人に合わせる」

ですね。

 

その仕事をこなしていけるのは、

介護現場なのだと思います。

 

本人に合わせ、

本人の力を引き出し

少しでも環境不適応の状態を少なく

できるように仕事をしていきたいと思います。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

2019年07月04日 Category:スタッフ日誌

波長合わせ

Published by i

先日、「波の女」の各事業所のスタッフが

集まる機会がありました。

 

大切な報告もありましたが、もっと大切なのは

組織に属する仲間達が「顔を合わせて飯を食う」

という事でしょう。

IMG_4375

 

IMG_4377

 

IMG_4390

婆さん達を応援する大切な仲間達です。

(業務の都合等でこれなかった職員さんごめん)

 

士気を高める

ガス抜きをする

連帯感を強める

仲間を大切にする

 

なんでもいいのですが、

やっぱり、こういう機会って大切ですよね☆

ごはんもおいしかったし♪

 

2次会は場所を変え、いきつけのスナックで

歌えや踊れや暴れろやの大盛り上がりで、

午前3時くらいまでワイワイやってました。

IMG_4602

素敵な仲間達に感謝!

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

2019年06月28日 Category:スタッフ日誌

有する能力

Published by i

介護保険の基本方針に

「有する能力に応じ」という文言があります。

私達介護事業者は、この言葉の意味と目的を

しっかりと受け止め実践に活かしていきたいところですが、

これが結構難しいですよね。

 

現場で起こりがちなのは、

「状況、状態に応じ」

という事がよくあったりします。

 

ご本人の持っている力を引き出す事が、

「有する能力に応じる」には大切なのですが、

引き出しができず、目の前のそのままの

状況、状態に職員が合わせているという事が起きがちです。

 

「歩けないだろう」

「動けないだろう」

「できないだろう」

から入ってしまうと、

「有する能力に応じ」ではなく

「状態に合わせ」になってしまい、

結果、能力を失わせてしまったり、

かえって手間、時間がかかってしまう事もあったりします。

 

有する能力の引き出し方は

色々なアプローチ、テクニックが必要になりますが、

コミュニケーション力

関係性

見極めや予測力

環境設定

知識、技術

情報収集や交換

アイディア

等々、これまでの自分の持てる力を

最大限発揮、活用してこその

有する能力の引き出しにつながるのではと

思ったりしています。

 

「今、まだそんな力はないなぁ~」

でも大丈夫。

今までの自分、これまでの自分を

越えていけるのが、今日から明日からの自分です。

もちろんえらそーに語っている僕も同じです。

僕だってまだまだまだまだ。。。

 

僕らの仕事は、相手との響合わせの中から生まれる

とても大変であり素敵である仕事です☆

 

自分力総動員の日々の積み重ねは、自分力を伸ばし、

自分自身の有する能力の向上の先に、

昨日までとは違う、自分と相手との関係の中で

よりよい介護につながっていくのだと思います。

 

皆で越えていこうよ「自分」を

互いに鍛えていこうよ「チーム」を

工夫、改善していこうよ「仕事」を

 

その先によりよい介護があるのかもね。

みんなで少しづつ、でも着実に進もうね。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

そうそう、前回のブログ紹介したOさん。

後日、施設葬儀となり、通夜と偲ぶ会を行いました。

Oさんの思い出にひたり、飲み食いして、笑顔で

送り出しましたよ☆

お疲れ様でした。

IMG_3982

2019年06月23日 Category:スタッフ日誌

「また後で」

Published by i

「開設時よりの入居者さんが、看取りを経て亡くなりました。

 

所用があったので、外出する前に声をかけたのですが、

施設に戻った時には、息を引き取られていました。

多分1分か2分間に合わなかったようです。

 

「また、後で会いにくるからね」

その声かけが最後になりました。

約束というか、お伝えした事を

果たす前に逝ってしまわれました。

 

「また後で」はない場合がありませんでした。

 

僕らは、いつどこでなにがあるか分からない中でも、

なんとなく「また明日」がくると思っています。

多くの場合、「また後で」は通じます。

 

しかし高齢や状態にもよりますが、「死」が近い場合、

や状況によっては「また後で」が通じない事があります。

 

それはそれで仕方ないのですが、だとしたら、

「その時」「その時」を、「生きている間」を

もっと大切にしなくてはいけませんよね。

ぼくらの仕事の大半は「生きている間」に

一生懸命応援する仕事です。

 

「また後で」が「ごめんな」に変わってしまった今、

日々やその時々の関わりをより大切に

していていきたいと改めて思いました。

 

Oさん。

ご縁に感謝。

ご冥福をお祈りします。

ありがとうございました。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

「井さん、モーニング行きたい」

「井さん、どっか連れてってちょ」

わざわざエレベーターで尋ねてきて、あれこれ

要望をされたOさん。

できる範囲であちこち行ったと思いますが、

滝子の暮らしはどうでしたか?

 

自分もそっち行った時にお会いできるかな。。。

感想はその時までおあずけです。

 

 

 

2019年06月18日 Category:スタッフ日誌

before☆after

Published by i

小規模多機能は通いを中心に、泊り、訪問サービスを

必要に応じて組み合わせ、自宅での暮らしを応援していく

仕組みですが、今回はちょっと訪問サービスの紹介です。

 

認知症という状態+目がみえにくい+性格?週間?

という状態の方の部屋は、すぐこんな感じになってしまいます・・

食べ物、飲み物、ゴミ、たばこ、服 etc・・・

P1510956

P1510958

「自分でできるように」が大切なので、

ご自身で行えるようにアプローチするも、なかなかうまくいかず・・

 

であればという事で、時々訪問サービスとして、

部屋の片づけを一緒にさせて頂いております。

after はこんな感じ。

P1510962

P1510961

あーすっきり。。。

は、職員だけかもですが。笑

見えていない、気にしていない本人の視点だと、

「いらんことせんでもいい」となっているかもですね。汗

しかし、不衛生、転倒、出火のリスクを下げるために、

また、文化的な暮らしを送って頂くために、必要な事ですよね。

 

認知症という状態 + 独居となると、

家の中のいろいろな事の支援が必要になる事があります。

 

必要に応じて、有する能力に応じて、

自宅へ馴染みの職員が伺い、やるべき事を行ったり、

応援していく、訪問サービスの提供を今後もしっかりやっていきたいですね☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

2019年06月14日 Category:スタッフ日誌

「策」や「学び」

Published by i

こんな記事を目にしました。

IMG_E3534

薬物事件に巻き込まれたようにみせかけ、

相手の不安につけ込んでだまし取るという

詐欺事件が多数起こっているということです。

 

様々な手口でだまし取る、余分に払わせる。

許されるものではありません。

 

が、そこには、相手の立場や特徴や心理をよくよく

考え抜かれた、関係作りや信頼を得るための「策」が

ある訳ですよね。

 

ぼくら介護職顔負けのコミュニケーション力や段取りを、

詐欺師なるものが、ある意味プロとして

個人やチームで展開しているとなると、

僕らもプロとして見習うといったらおかしいですが、

大切な財産を委ねるほどの気持ちの動きや信頼を得る

ための勉強や努力を、怠らないようにしないと

いけないのだと思うのです。

 

それも、不安につけ込むという卑怯な方策でなく、

相手にとって必然で必要な方法で、できれば

笑顔や達成感などを引き出したうえでの、関係性、

信頼感を得るという方法で。

 

不謹慎ではありますが、彼ら詐欺師のしたたかな、

ある意味プロとしての作戦会議やマニュアル的な

ものがあるとしたら、そこに潜入してみたいと

思ったりもします。

 

詐欺師よりも信頼を得るための、

努力や策を身に着ける必要が介護職には

あるのかもしれませんね。

 

色々な事から学ぶことは大切ですよね☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

2019年06月10日 Category:スタッフ日誌

安全なんてない

Published by i

IMG_3142

高齢者の交通事故がやたら報道されるこの頃。

もちろん高齢者だけではありませんが、

事故は至る所で起こります。

車が走っている限り。

 

今週、施設から徒歩1分程度の

一番近い交差点で大事故が発生しました。

写真はある程度復旧してる場面ですが、

もともとは車の上に、横倒しになった車が

のっかている状態で、交差点のガードレールも

吹っ飛んでいる状態でした。

 

社会参加、普通に生きる姿、

有する能力に応じて、自分の事は自分で・・・

等々、必要な物を街の中に調達に日々出かける

事を応援する仕事をしている私達の、

もっとも身近なところでも大事故。

 

もしその場で、利用者さんとたまたま信号待ちしていたら、

どうなっていたことやら。。。汗

 

滋賀県の保育園児の列に突っ込んだ事故もありましたが、

今や道路に安全な場所なんてほとんどないような状況になってます。

 

私達の仕事として、自分で自分の身が守れない利用者さん達と

外にでる機会が多いと思いますが、

交差点でも、歩道でも、少しでも車道から離れたところに

利用者のポジションをとるように徹底しないといけないのだと思います。

信号待ちの交差点での待機時も、なるべく車道から離れた所で待つように、

改めて、職員に通達したところです。

 

青になって横断歩道を渡る時にも、注意が必要ですよね。

右折、左折の車がこちらに気づいているのかという事を

察知できるよう、車の動き、ドライバーの

目線にも気を配りながら、利用者と横断しないとですね。

 

まだ、あれこれありますが、皆でどうやって利用者や

自分の安全を護るかをしっかり考えないとですね。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

ステルス戦闘機購入に、税金を1兆円つぎ込む前に、

安全装備の追加装備費用の助成金の方にお金を

つぎ込む方が先のような気がするのですが。

交通戦争は日々国内で起こっている訳ですので。

東京都では早速検討に入っているそうですが、

国の動きとしてやらないとですね。

(個人的な独り言です・・)

 

 

 

 

2019年06月06日 Category:スタッフ日誌