小規模多機能の強み☆

Published by i

IMG_8640

自宅での転倒が続き、一時的に宿泊サービスを利用しつつ、

体調管理と能力確認、リスクの把握を進めてきましたが、

最近、調子が少し上向き加減の利用者さん。

リスク回避の段取りをしつつ、少し自宅へ戻る準備に入らねば

といった状況です。

現状であれば、週の半分自宅、半分宿泊サービスで

いけそうな感じになってきました♪

 

自宅に戻るためのアプローチができるって、

小規模多機能の宿泊サービスって便利☆

 

変わって、膝を痛めたり、体調に変調をきたして、

一時的に宿泊サービスを利用しながら、

リスクの軽減と調子や能力の把握の必要性がある方が

でてきました。

 

どちらも認知症という状態にある独居の方々。

ところが前者の方は宿泊にすぐ順応されるというよりも、

そのまま自宅を忘れて、ここが自宅になってしまいそうな

勢いがある方。

後者はいつもと違う環境にパニック気味。

大混乱で落ち着かず行ったり来たり。。。

 

色々な状況や状態で、臨機応変に宿泊サービスを利用

されますが、通いサービスや宿泊サービスで整え、

リスク把握・予測し、自宅暮らしの継続に向け、

この宿泊機能を活用していけるのは、この事業の強み。

 

もちろん、体調を整えるために、病院受診の付き添いだって、

こなしてしまう訪問サービスだってあります。

 

この「通い」「訪問」「泊り」を

臨機応変に組み込み、活用しながら、

自宅の暮らしを応援し続けていきたいと思います☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

 

 

2019年02月14日 Category:スタッフ日誌

忘れちゃいけない・・

Published by i

IMG_8301

トイレ介助中の貴重な隙間☆

 

他人がトイレで用をたしている最中に一緒にいるもなんて、

基本的にないのが、自立した後の私たちの常識ですよね。

 

それが、医療や介護が必要な状態になると、

不本意ながら起こることがあります。

私たち介護職はそれをする側なので、

人の人権、尊厳に関わる部分に立ち会っている

という自覚、配慮が必要となります。

 

認知症の状態が進んでいる方の介助の場面の事ですが、

写真のようなすみっこに気配を消して立ち(本人の斜め後ろ)、

排泄行為の場面に他人がいないような場面作り

を心がけていたりします。

 

目の前に人がいては、なかなか出せないのでは?

という当たり前の感覚を忘れないようにしたいものです。

 

さりげなく

迅速に

空気のような存在で。

でも、大切な排泄状況、情報をキャッチしつつ、

ご本人さんの安全と尊厳をなるべく護れるように。。

 

なかなかむつかしいですし、

理想通りにはいかないものですが。

忘れちゃいけない、特殊な環境での関わりを

工夫し続けていきたいと思います。

 

light[1]

最近の中が光る便器っていいですよね。

最中も後も確認しやすいですし。

衛生面、掃除の難易度にもよりますが、

数千円で着けれるのは魅力的です☆

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

IMG_8307

昼寝のシンクロ♪

2019年02月10日 Category:スタッフ日誌

新たな出会い

Published by i

IMG_8412

昔からのいきつけの居酒屋に通うAさん

 

認知症初期集中支援チームが担当した方の

今後の生活支援を依頼されました。

ようやく初回の認定調査が入ったばかりの方ですが、

「よくここまで介護なしでやってきたなぁ」

といった感想です。

 

関わり出してまだ日が浅いのですが、

現在サービス開始に向け、土台準備を進めています。

 

まずはインフォーマルな部分をある程度整えました。

支援者・協力者との連携

自治会や隣近所との関係

地域の店舗(コンビニ・飲食店)との連携

生活環境(自宅内)の整え

 

今後は医療、介護との連携を構築し、

体調を整えながら、生活の組み立て直しをしていきます。

 

といったものの、課題は山積み。。。

 

でも、いきつけの居酒屋へ生き続ける事を

支えることができたらいいなぁと思っています。

 

こっから先は、チーム全体での仕事。

さぁ クラブ滝子 いきますか!

 

応援を必要としている方のために。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

 

2019年02月06日 Category:スタッフ日誌

み・まも~る

Published by i

IMG_8074

IMG_8075

こんな広告が入っていました。

 

新聞を定期購読している方向けの無料サービスで、

新聞が取り込まれていない場合など、「どうしたんだろ?」

といった場合に、緊急連絡先へ連絡してくれるというものです。

 

近隣住民や介護関係者などが、新聞の取り込まれ具合を

安否確認の材料として目安にする事はありますが、

新聞屋自身が、そこに着目して気にかけてもらえるというのは

ありがたい事です。

 

社会全体で超高齢社会を支える仕組みはどんどん広がっています。

ただ、心配な方は朝刊夕刊をとらないと、

おや?となるまで24時間以上48時間未満と、

結構時間が過ぎてしまう事になりますので、

本当に心配といいますか、気にしたい方は

朝夕新聞をとった方がいいのかもしれませんね。

 

新聞、ごみ出し、部屋の電気の付き具合等々、

不具合が起こっている場合に、他の方が気づける

サインみたいなものを上手に意識活用した安否確認システムは、

今後も大切にしたいですし、広がりをみせる事でしょう。

 

社会が「対応」できる幅を広げてもらえるのはありがたい事です。

 

滝子通一丁目福祉施設 施設長 井 真治

 

あ、新聞屋といえば、入院や施設宿泊の際に

連絡し忘れて、心配をかけさせてしまう事は何回かありました。汗

介護事業所との連携も大切ですよね。

2019年02月02日 Category:スタッフ日誌